【J1採点&寸評】札幌1-0鹿島|指揮官の誕生日に花を添えた愛弟子ドリブラーがMOM!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月19日

札幌――完敗した名古屋戦から見事に立て直した

MAN OF THE MATCH
14 駒井善成 6.5

攻守両面で高いエリアで果敢にプレーをしていた。連続した動き出しから奪ったゴールも見事なものだった。

7 ルーカス・フェルナンデス 6.5
この試合では突破よりも狡猾なボールキープや右サイドでの献身的な守備でチームを支えていた。

FW
27 荒野拓馬 6

自由に幅広く動き回り存在感を示していた。ただし、プレーの正確性が、もの足りなく映ってしまった。
 
交代出場
FW
11 アンデルソン・ロペス 6.5(57分IN)

ノーゴールに終わったが、スピードに乗ったドリブルでカウンターの中心となり、鹿島の守備陣を慌てさせていた。

FW
33 ドウグラス・オリベイラ ―(76分IN)

追加点こそ奪えなかったが、パワーと走力を武器に積極的にボールに関与し続け、求められていたであろう仕事をしっかりこなしていた。

MF
19 白井康介 ―(87分IN)

プレー時間が短かったが、リードを保ちチームの勝利に貢献した。

監督
ペトロヴィッチ 6.5

完敗した名古屋戦から中3日という難しい試合だったが、鹿島へのダブルを果たして63歳の誕生日に花を添えた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【関連記事】
【J1】首位川崎がJ1新記録の11連勝!FC東京は3位後退、G大阪が4位に浮上。最下位湘南は7戦ぶり白星
【札幌】「勝って祝いたい」決勝弾の駒井も意識していた監督の誕生日。鹿島相手に初のシーズンダブルを達成!
【鹿島】「同じ練習をして、同じ意識を持って」総合値を高めるザーゴ監督の手綱さばき
勝ち越し点演出の久保建英、警告2枚でプロキャリア初の退場!ビジャレアルは“恩返し弾”2発でダービーを制す
三笘、旗手、坂元…まだいる2列目の人材。最前線ではベテランが存在感—―注目すべき国内の「A代表予備軍」【攻撃編】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ