【J1採点&寸評】大分2-2湘南|途中出場で輝きを放ったストライカーをMOMに選出!2試合連続弾を奪ったDFの評価は…

カテゴリ:カテゴリ

柚野真也

2020年09月10日

湘南――サッカーにおける2-0の厳しさを知った

大岩はDFながら、2試合連続ゴールをゲット。写真:滝川敏之

画像を見る

FW
20 岩崎悠人 5
前線で守備のスイッチ役となりボールを追い回すも後半はガス欠。FWとしての怖さはなく、シュート0に終わる。
 
13 石原直樹 6(72分 OUT)
前線でボールを収め攻撃の起点となった。若いチームの中で安定感は抜群。先制ゴールもピンポイントに合わせた。
 
交代出場
MF
16 齊藤未月 5.5(62分IN)
前線での運動量を求められ茨田に代わってピッチに入ったが、中盤を活性化することはできなかった。
 
FW
37 根本 凌 5.5 (72分 IN)
前線から勢いよくボールを追い、果敢に打開を試みるものの、思うような展開に持ち込めなかった。
 
MF
5 古林将太 5.5(72分 IN)
逃げ切りを図るためフレッシュな状態でピッチに立つが、相手の勢いを止めるには至らず2失点を喫した。

32 田中 聡 ― (85分 IN)
残り少ない時間で流れを変えたかったが交代直後に失点しトーンダウン。見せ場もなく終わった。
 
監督
浮嶋 敏 5.5
サッカーにおける2-0の厳しさを知った。後半は守りたい選手の気持ちを変えることができず、勝ち切れない悪癖が出た。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●柚野真也(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ