【J1採点&寸評】大分2-2湘南|途中出場で輝きを放ったストライカーをMOMに選出!2試合連続弾を奪ったDFの評価は…

カテゴリ:カテゴリ

柚野真也

2020年09月10日

大分――久々先発の知念はシュート0に終わり不完全燃焼

7試合ぶりの先発もシュート0に終わってしまった知念。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

MF
27 三平和司 5.5(65分OUT)
42分のCKで技ありヒールを見せるが枠を捉えず。攻守の切り替えが早く、後半はギアをひとつ上げて、前線から追い回した。

8 町田也真人 6.5(81分OUT)
ギャップで受け、背後を狙い、決定的なパスも通し、前線の潤滑油となった。17分、股抜きからのクロスは見応えがあった。
 
FW
9 知念 慶 5 (73分OUT)
辛抱強く前線で待ち構えていたがボールを触る回数は極めて少なく、シュート0に終わり不完全燃焼。
 
交代出場
FW
16 渡 大生 5.5(65分IN)
ここ数試合の中で最もキレのある動きを見せた。迷いがなく、ゴールに向かう姿勢が高かった。
 
MF
32 前田凌佑 5.5(73分IN)
交代した羽田と異なる持ち味を発揮。中盤を動き回り、ボールを受けてはパスを散らし、チームにテンポを生み出した。
 
FW
MAN OF THE MATCH

18 伊佐耕平 6.5  (73分IN)
交代直後から流れを変える覚悟を感じた。空いたスペースに流れてボールを引き出し、チームを勢い付け、同点ゴールで結果も残した。
 
DF
2 香川勇気 ― (81分IN)
三竿に代わって3バックの左に入ったが、サイドからの組み立てに加わり、同点ゴールの起点となった。
 
MF
26 佐藤和弘 ― (81分IN)
本職のボランチではなくシャドーに入るもフィットしたとは言い切れず、物足りなさだけが残った。
 
監督
片野坂知宏 6
リスク管理を徹底していただけに序盤の2失点は勿体ない。後半にギアチェンジさせ、同点に追いついたのは高評価。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ