【J1採点&寸評】FC東京3-1G大阪|絶好調の東京2トップ! 2ゴールの永井謙佑は何拍子も揃ったハイパフォーマンス!!

カテゴリ:Jリーグ

後藤勝

2019年07月09日

G大阪――後半から遠藤が入り、流れを引き戻したが…

G大阪は開始早々の5分に小野瀬のゴールで先制するも、あとが続かなかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

MF
29 髙江麗央 5.5(HT OUT)
ツネ・ガンバを象徴する若手のひとりだがハーフタイムで交替の対象に。次回は逆境を跳ね返すパフォーマンスを期待。
 
38 中村敬斗 6
ゴール前まで深く入っていく個人能力はさすが。最後方までをカバーするべく激しく上下動してのフル出場。
 
FW
9 アデミウソン 5
シュート2本を放ってはいるが無得点。ファン・ウィジョと連動が少なく孤立した印象で評価するには難しい試合だった。
 
16 ファン・ウィジョ 5.5
セットプレーで守備に貢献したほか、攻撃ではシュート2本をマーク。しかし決定的な仕事を果たせず、物足りない出来。
 
交代出場
MF
7 遠藤保仁 6.5(HT IN)
この男が入るとG大阪の支配率が一気に上がる。この試合でもボールをよく捌き流れを引き戻したが勝利には結びつかず。
 
MF
34 福田湧矢 5.5(69分IN)
小野瀬に代わり右ウイングバックでプレー。流麗なパスワークの一員となって中盤の形成に役立ったのは確か。
 
FW
40 食野亮太郎 6(73分IN)
積極的にゴール方向へと向かっていき、ボックス内でボールを受けチャンスを創出しようとした。空気を変えた点は好印象。
 
監督 
宮本恒靖 6
新システムが効かなくなり逆転されたあとの後半、遠藤と食野の投入でゲームをひっくり返そうとしたが結果は出ず。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●後藤 勝(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ