「まさに悪夢のような日々」「ガンバ復帰がベストだ」リーズ地元紙が井手口陽介の“現状”を特集!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月06日

リーズとの契約は2022年夏まであるが…

いまだ去就が定まっていない井手口。宇佐美に続いてガンバ復帰を果たすのだろうか。(C)Getty Images

画像を見る

 元日本代表MFの新天地はどこになるのか。
 
 イングランド2部のリーズ・ユナイテッドに所属する井手口陽介の去就について、リーズ地元紙『Leeds Live』がレポート記事を掲載。「もはやリーズに居場所はなく、ガンバ大阪に復帰するのがベストな選択だろう」と記している。
 
 同紙は井手口が現在、日本国内で自主トレーニングに励んでいると報じた。選手本人がインスタグラム上にアップした香川真司、浅野拓磨らとの写真を転載し、「彼にとってヨーロッパでの日々はまさしく悪夢の連続だった。いまはユース年代を過ごしたガンバへの復帰が取り沙汰されているが、まだ正式契約には至っていない」と伝えている。
 
 井手口は2018年1月に、G大阪からリーズへ移籍。すぐさまスペイン2部のクルトゥラル・レオネサにレンタル放出され、半年後にリーズへ戻るも、今度はドイツ2部のグロイター・フュルトに貸し出された。『Leeds Live』紙は「イデグチはヨーロッパで過ごしてきた18か月間、そのほとんどで怪我に苦しめられた。グロイター・フュルトでは9月から5月までを棒に振り、わずか7試合に出場したのみ。クラブ側は完全移籍での獲得を望んだようだが、結局実現しなかった」と綴る。
 
 そして、新シーズンに臨むリーズにおいて、井手口が活躍する場はないと明言。「もはやリーズでの未来をイメージするのは難しく、おそらく彼がソープ・アーチ(リーズ練習場)に戻ってくることはない」とし、「まだ22歳。すべての事象を鑑みれば、ガンバに復帰することがベストな選択だろう」とエールに近い“結論”を提示した。
 
 はたして古巣復帰の運びとなるのか、それともあくまで欧州でのチャレンジを継続するのか。リーズと井手口の現行契約は、2022年6月末までとなっている。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ