【J1採点&寸評】G大阪1-0C大阪|執念の"ウノゼロ"でダービー制覇!好セーブの東口、決勝点の倉田は「7」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月19日

C大阪――後半のシステム変更は裏目に

10 清武弘嗣 5
前半はサイドで小野瀬と高尾にうまく封じ込められ、全く怖さがなかった。シャドーにポジションを変えた後半は、相手ゴールに迫るプレーも見せ始めたが、決定的な仕事はできずに終わった。
 
25 奥埜博亮 5.5
献身的に中盤を走り回るプレーはいつもと同じだったが、キックなどを含めて、細かいミスが目立ちチームがリズムを失う一因になっていた。後半はボールを運ぶ意識もあったのだが。
 
FW
13 高木俊幸 5(50分OUT
前半に両チーム通じて最初のビッグチャンスを得るも、東口の老獪な対応に得点しきれず。この決定機を逃したことがメンタル面に影響したのか、相手の脅威になるプレーは出せず、50分で交代した。
 
20 ブルーノ・メンデス 5.5
周囲からいいボールを供給してもらう場面は少なかったが、それでも数少ないパスはしっかりと収めていた。ただ、都倉不在の影響を感じたひとりで、シュートチャンスもごくわずか。消化不良の90分だった。
 

交代出場
MF
11 ソウザ 5(50分IN
投入直後に無念の失点を喫したが、フリーダムすぎる動きが守備の綻びにつながっていたのはまぎれもない事実。ボールを持って何とかしたい気持ちは見せたが、完全に空回り気味だった。
 
FW
8 柿谷曜一朗 5.5(70分IN
一度枠内シュートを放ったが、決め切るには至らず。裏抜けの意識を持ち、ピッチ内でも懸命にパスを求めていたが、柿谷を生かすボールはなし。ダービーに秘めた想いを結果につなげられなかった。
 
MF
32 田中亜土夢 5(79分IN
同点に向け攻撃のギアを上げたい終盤に投入され、アグレッシブな動きで、勢いの良さは見せたのだが、やや空回り気味で決定的な仕事はできずに終わった。
 
監督
ロティーナ 5
福田のアグレッシブさを消しにかかった後半のシステム変更は結果的に裏目に出てしまった。交代カードは次々に切ったが、ソウザのポジション取りについても修正しきれず、1点に泣いた格好だ。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ