【J1採点&寸評】G大阪1-0C大阪|執念の"ウノゼロ"でダービー制覇!好セーブの東口、決勝点の倉田は「7」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月19日

G大阪――ファン・ウィジョは守備で貢献

21 矢島慎也 6(81分OUT
岡山時代にも慣れ親しんだアンカーのポジションで攻守において巧みな動き。長いパスで前線を走らせたが、課題だった守備でも周囲とうまく連動しながら、ボール奪取する場面も見られた。
 
29 高江麗央 6.5(68分OUT
抜群の運動量と効果的なスペースへのランでボールを引き出し、攻撃を活性化した。唯一の得点機も、自らのパスによるもので、絶妙のラストパス。足がつったのも納得なほどハードワークした。
 
FW
9 アデミウソン 6
明らかに気迫が違っていた。ボールを持つと相手の脅威になっていたが、肝心のシュート場面では精度を欠いたのが残念だった。ただ、守備もサボることなく、球際でも終始戦っていた。
 
16 ファン・ウィジョ 5.5
前半、鋭い読みでヨニッチのバックパスをカット。GKとの1対1を作り出したが、いつもの決定力がなかった。守備では貢献していたが、後半はシュートゼロでやや怖さを欠いた感もある。
 

交代出場
FW
40 食野亮太郎 6(68分IN
サイドで起用され、押し込まれる時間帯でタフに守備に奔走した。本来は攻撃にも出たかったはずだが、エゴを出さずに守備でハードワーク。終盤はゴール前に顔を出し、強烈なシュートも放った。
 
MF
15 今野泰幸 5.5(73分IN
運動量でチームをてこ入れしたかった時間帯に投入された。低調だった前節の鳥栖戦とは異なり、今野らしさを見せる場面もあったが、まだ本来の影響力をプレーで表現しきれていない。
 
7 遠藤保仁 -(81分IN
押し込まれる苦しい時間帯に投入されたが、懸命に守備にも奔走。マイボールになると時間を作り出すことも意識し、引いて守るだけでない選択肢をチームにもたらした。
 
監督
宮本恒靖 6.5
遠藤と今野を先発から外す大胆な策が奏功したが、3バックの新布陣の配置も適切で短期間で見事に落とし込んだ。特に高尾の3バック起用は攻守両面でスマッシュヒットだった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ