【J1採点&寸評】G大阪1-0C大阪|執念の"ウノゼロ"でダービー制覇!好セーブの東口、決勝点の倉田は「7」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月19日

C大阪――中盤が上手く機能せず

【警告】G大阪=なし C大阪=高木(43分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】東口順昭(G大阪)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
C大阪
G大阪のチーム状況を考えれば勝たなければいけなかったが、いまだリーグ戦では勝ちがないパナソニックスタジアム吹田でまたしても敗戦。球際やスプリントの回数でも遅れをとってしまった。
 
【C大阪|採点・寸評】 
GK
21 キム・ジンヒョン 6.5
前半はファン・ウィジョの決定的なシュートをさすがの読みでストップ。1失点は喫したが、GKを責めるのは酷で失点に責任はない。終盤は相手ゴール前に攻め上がり、何とかしたいという気持ちも見せた。
 
DF
2 松田 陸 5.5
守備では粘り強い対応を見せ、大きな破綻はしなかったが、福田の突破などに押し込まれる場面も多かった。攻撃参加も見せていたが、精度が低く、ややミスが目立った。
 
3 木本恭生 5.5
ファン・ウィジョら相手の強力FWに対して局地戦で激しくプレーし、前半は好対応を見せていたが、失点場面はスペースを与えてしまっていた。瀬古と異なり、フィードでの貢献も少なかった。
 
14 丸橋祐介 5.5
大崩れすることはなかったが、攻めでは効果的なプレーが少なかった。3バックにスイッチした後半は、相手のウイングバックを意識しすぎたのか、持ち味をさほど出せなかった。
 
22 マテイ・ヨニッチ 5.5
前半は軽率なバックパスをファン・ウィジョに奪われ、あわや先制点を献上というミスを犯すなどキックに不安定さが目立った。ただ、対人の強さを生かして厳しくマークし、相手FWを封じ込めていた。
 
MF
5 藤田直之 5.5(70分OUT
初めての大阪ダービーだったが、攻撃の見せ場はシュートチャンスを作り出したロングスローぐらい。攻守両面でやや積極性を欠いた印象だ。70分にピッチを後にしたのも当然の出来だった。
 
7 水沼宏太 5(79分OUT
前半はサイドで起点になったが、相手の脅威になるプレーには至らなかった。福田とのマッチアップに手を焼き徐々に守勢に回ると、イライラ感がプレーの精度に影響していた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ