堂安の鮮やかなドリブル突破が先制弾の起点に! フローニンヘンがEL出場プレーオフ第1回戦を先勝

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月19日

好機を演出し続けた堂安

積極的なドリブル突破から先制点を呼び込んだ堂安。惜しくも目に見える結果こそ残せなかったものの、確かな存在感を示した。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間5月18日にエールディビジの来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を争うプレーオフ1回戦の第1レグが開催され、8位フローニンヘンは、5位フィテッセを本拠地で迎え撃った。

 エールディビジ最終節で格下のエメンに不覚を取りながらも、プレーオフ進出を争っていたヴィレムが敗れたことで、棚ぼたで最後の切符を手にしていたフローニンヘン。注目の堂安律は、この日も4-4-2の右サイドハーフで先発出場した。

 試合は序盤から素早いパス回しを展開したフローニンヘンが優勢に進めた。16分には、味方のスルーパスに抜け出したシーハイスが相手GKともつれた後のこぼれ球を拾ったマヒが狙ったが、惜しくもシュートはゴール目前で相手DFにブロックされた。

 チームが攻勢を強めるなかで、堂安も積極的な仕掛けを見せる。27分には右サイドをドリブル突破で敵陣をえぐってチャンスシーンを創出。38分には左サイドからのクロスをマイナスから走り込んで左足で狙ったが、渾身のショットは枠を外れてしまった。

 その後もコンスタントに決定機を創り続けたフローニンヘンは、前半終了間際に均衡を破る。

 前半アディショナルタイム1分、右サイドからエリア内に侵入した堂安が右足でシュート。これを相手GKが弾くとボールがゴール前に立っていたマヒに当たってネットへと吸い込まれたのだ。
 
 堂安の仕掛けから生まれたゴールで1点を奪ってハーフタイムを迎えたフローニンヘン。後半は、前掛かりに攻めに出たフィテッセを前にややペースダウンしたが、56分に追加点を挙げる。ゼーファイクが奪取したPKをメミシェビッチが豪快に決めた。

 点差を広げたフローニンヘンだったが、70分にフィテッセのクラークに決められ、貴重なアウェーゴールを奪われてしまう。

 1点を返されたフローニンヘンではあったが、自陣に釘付けになるようなことはなく、フィテッセに果敢なフォアチェックをかけ続け、堂安のいる右サイドを起点にしながら敵陣で時間を消化していった。

 ワンチャンスをモノにされながらも、持ち前のアグレッシブを活かしたサッカーで、フィテッセの反攻をかわしたフローニンヘンは、2-1と勝利。現地時間5月21日に敵地で開催されるプレーオフ1回戦突破に前進した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ