【J1採点&寸評】広島0-1鳥栖|シュートわずか3本も鳥栖が粘りの2連勝!5連敗の広島は不運だけで片付けられない現実も

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月18日

鳥栖――終始押し込まれながら粘り強く戦い、最後は運も引き寄せる

前線で攻撃の起点となるべく奔走したクエンカ。写真:徳原隆元

画像を見る

MF
41 松岡大起 5.5(70分OUT)
プレスバックをまったくサボらずしっかりとポジションを埋めたが、攻撃の貢献は乏しかった。
 
7 イサック・クエンカ 5.5
三丸との関係は悪くないが、危険な場所に入り込んでいくプレーは少なく相手に脅威を与えられなかった。
 
FW
11 豊田陽平 5.5(90分OUT)
ターゲットになる役割はしっかりと果たすも、ゴール前で脅威を与えることはできなかった。
 
19 チョ・ドンゴン 5.5(61分OUT)
プレスのスイッチはなかなか入らなかったものの我慢強く戦う。43分のシュートはGKの好セーブに阻まれた。
 
交代出場
FW
44 金崎夢生 6(61分IN)
広範囲に動いてパスを引き出す。流れを引き寄せられたとは言えないが、勝利に一役買ったことは確か。
 
DF
24 安在和樹 6(70分IN)
守備の時間の方が多かったが、小林と一緒に柏に粘り強く対応して役割はしっかりと果たした。
 
FW
9 フェルナンド・トーレス -(90分IN)
出場時間は90分から。ボールを収めるべく奮闘したが、見せ場は訪れず。
 
監督
明輝 6
ビルドアップして攻撃時間を創出しながら粘り強く戦い、最後は運も引き寄せて2連勝を収めた。

【広島 0-1 鳥栖 PHOTO】どうした広島!攻めながらも無得点に終わりOGに泣く
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ