「美談にだけにして終わらせて欲しくない」「誤審は誤審」前代未聞の“大誤審”。逆転勝利を挙げた湘南MF梅崎司が魂の訴え

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月18日

「リーグとして基準を定めてほしい」

古巣との対戦は思わぬ展開でヒートアップ。今後のJリーグサイドの対応には今以上に注目が集まるだろう。写真:滝川敏之

画像を見る

[J1リーグ12節]浦和2-3湘南/5月17日(金)/埼スタ

 5月17日、浦和レッズ対湘南ベルマーレが埼玉スタジアム2002で行なわれ、前半だけで2点を奪われた湘南が、後半に3点を挙げるという劇的な展開で逆転勝利を収めた。

 この試合で、両チームの選手、スタッフ、そしてサポーターの胸に強烈な違和感を残す出来事があった。

 浦和が2点先行していた31分、湘南の杉岡大暉がエリア外から豪快なミドルシュートを放った。ボールは右ポストに当たって跳ね返ると、左サイドネットに突き刺さった後、ゴール外に大きく跳ね返った。

 なんとも珍しい軌道を描いたシュートだったが、映像で確認する限り、ボールは確かにゴールラインを超えている。だが、なぜか主審および線審はこれをノーゴールと判定し、「幻の1点」となってしまった。

 この"誤審"に対し、湘南の曺貴裁監督をはじめ選手たちは猛抗議するも、訴えは通らず。しかし、湘南はこの逆境を跳ね除けてみせた。後半から途中出場した菊地俊介が2点を決め、90+4分のラストプレーで山根視来が豪快なミドルをお見舞いして勝利を手にしたのだ。

 そして試合後、浦和に在籍した経歴も持つ湘南MF梅崎司が自身のSNSを更新。「奇跡。僕らは判定に負けなかった。」と発信し、サポーターへの感謝、浦和レッズというチームや埼スタ、かつてのチームメイトに対する特別な思いなどを吐露したうえで、今回の“誤審”に触れた。

「最後にこれを美談にだけにして終わらせて欲しくない。誤審は誤審。明らかに入っていた。僕らは人生をかけて戦っている。今回は奇跡的に勝利できたけど、あのゴールを認められず、あのカウンターで3点目をくらっていたらどうなっていたんだろう。そこは今後のサッカー界の為にも改善してほしい。」(原文ママ)

 そして、反響の大きさを踏まえたうえで、こうも続けている。

「レフリーの方を責めすぎないで欲しいです。レフリー、リーグとしてVARも含め、基準を定めていってほしいです。誤審したレフリーへのペナルティがあまり無いと僕は認識しています。その辺も踏まえて着地点を見つけて欲しい。選手やチームは悪質なファールや問題などでペナルティがあります」

 欧州ではかなり一般的になっているゴールラインテクノロジー及びビデオ・アシスタント・レフリー(VAR)だが、今現在、Jリーグに導入されていない。しかし、度重なるJでの“誤審”に対し、審判団に対する不信感は高まっている。今後は、いち早く着手すべき議題として、熱を帯びそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ