【J1採点&寸評】鹿島2-1名古屋|逆転劇の主役になったL・シルバがMOM!名古屋は先制後の対応に課題

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2019年04月06日

名古屋――J・シミッチは攻撃の起点になっていたが…

前線で存在感を示したジョー(7番)。32分のシュートは惜しくもポストを叩いた。写真:滝川敏之

画像を見る

8 ジョアン・シミッチ 5.5
名古屋の攻撃の起点には常にその存在があったが、守備面での不安を露呈。L・シルバの突破を潰せずに、失点を喫した。
 
29 和泉竜司 6
開始1分、左サイドでキレ味鋭いドリブルを披露。シュートは枠を外れたが、DF平戸を翻弄し、同サイドでアクセントとなった。
 
FW
7 ジョー 6

32分の当たり損なった左足シュートは、右ポスト。得点こそなかったが、存在感あるプレーで鹿島に脅威を与えた。
 
9 長谷川アーリアジャスール 5.5(76分OUT)
ジョーとの位置関係に注意を払いながら前線で動いたが、自身のところにボールを呼び込めず。見せ場なく、76分で赤崎と途中交代。
 

交代出場
FW
27 相馬勇紀 5.5(76分IN)

鹿島が流れを作り始めた後半途中からの出場。今季初の左SBでのプレーとなったが、攻守において効果的な動きできず。
 
32 赤﨑秀平 5.5(76分IN)
古巣との対戦で76分から途中出場。積極的にシュートを狙う姿勢は見せるが打ち切れず。前線で“タメ”も作れなかった。
 
11 マテウス ―(84分IN)
終了間際のラフプレーで警告。出場時間が15分未満のため採点なし。
 
監督
風間八宏 5.5

先制するまでは理想的な展開も、リード後の選手交代で遅れが見られた。交代策も奏功せずに逆転負け。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【鹿島 2-1 名古屋 PHOTO】L・シルバが圧巻の決勝弾!試合前には小笠原満男の表彰も

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ