【J1採点&寸評】鹿島2-1名古屋|逆転劇の主役になったL・シルバがMOM!名古屋は先制後の対応に課題

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2019年04月06日

名古屋――決勝点の場面では、ボランチの連係にミスが

【警告】鹿島=なし 名古屋=米本(74分)、丸山(77分)、マテウス(90+7分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】 レオ・シルバ(鹿島)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
名古屋 5.5 

前半は終始ペースを握り、名古屋の展開。後半の先制までは良かったが…。その後は決め手を欠き、同点後は立て直しがてきなかった。
 
【名古屋|採点・寸評】
GK
1 ランゲラック 5.5

1失点目は致し方なし。2失点目はコースが限定されていただけに、判断の遅れが致命傷となった。

DF
6 宮原和也 5.5(76分OUT)

後半に入ると安部と安西の対応に四苦八苦。72分には縦パスをカットされ、速攻から失点を許した。76分で途中交代。
 
20 中谷進之介 5.5
相手2トップへの対応では堅実さを見せたが、2失点目ではL・シルバの突破への対応でまずさが出た。

17 丸山 祐市 6
中谷との連係は◯。守備では局面での強さを発揮し、攻撃ではビルドアップも見られた。パスの精度上がれば◎に。
 
23 吉田 豊 5.5(84分OUT)
攻撃では和泉の攻め上がりを後方支援したが、失点場面では永木へのケアが遅く、クロスの供給を許した。
 
MF
10 ガブリエル・シャビエル 6

安西に警戒されて本来の攻撃力は影を潜めたが、好機を確実に決める決定力を誇示。47分に今季3点目を記録。

2 米本拓司 5.5
前半は相手の攻撃の芽を摘み、黒子役として中盤の守備を支えるも、81分にシミッチとの連係でミス。L・シルバの逆転弾を許した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ