「選手層の厚みは過去最高!」秋田豊が森保ジャパンCB陣を徹底査定! 現時点のベストセットは…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月20日

コンビとしてのバランスが一番良いのは──

現在の代表CB陣を脅かす存在はまだまだいる。秋田氏はU-21代表の板倉(6番)にも期待を寄せているという。写真:徳原隆元

画像を見る

 では、現時点でのCBのベストセットはどうだろうか。
 
 コンビとしてのバランスが一番良いのは麻也と三浦だろう。麻也は経験があってラインコントロールが巧い。三浦もラインは統率できるけど、どちらかと言えばひとに強い。プレースタイルがフィットし合っている印象があるし、もっとも安定感が望める組合せだ。
 
 麻也と冨安のコンビも見てみたい気持ちはある。ただ、自分だったら組ませないだろう。いまの冨安はパナマ戦のように、どんどん自分がリードしようと前に出ていくはずだ。先にラインを上げるとすれば、槙野や三浦ならまだしも、麻也は気分が良くないかもしれない。いまは練習のなかで麻也と接し、近くでプレーを観察してみてほしい。アジアカップは中3日での試合が続く。ターンオーバーを敷くなかで、冨安にもきっと出番は巡ってくる。より良い形で経験を積んでいってほしいと思う。

 
 今回は招集されなかったワールドカップ組の昌子(源)、ベルギーに活躍の場を移した植田(直通)、さらに今季のJ1リーグで目覚ましい成長を遂げている犬飼(智也)も、代表CB陣の争いに食い込んでくるはずだ。若手では冨安に加えて、ベガルタ仙台の板倉(滉)にも期待している。アジア大会では技術の高さとカバーリングの巧さを存分に見せてくれた。
 
 日本代表のCB陣は、過去最高と言っていいほど選手層が厚くなった。それぞれが刺激し合って切磋琢磨し、さらに成長を遂げていってほしいと切に願う。かなり面白くなってきた。

<了>

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ