「あれはアカンやろ」痛恨ミスにも三浦弦太は、ウルグアイ戦で“小さくない収穫”を得た

カテゴリ:日本代表

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年10月17日

直後に勝ち越し弾を挙げた堂安には「感謝しかない」

痛恨のミスで失点を献上すれば、カバーニ(左)と丁々発止のバトルも。三浦にとってウルグアイ戦は実に出入りの激しい90分間だった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ2018]日本 4-3 ウルグアイ/10月16日/埼スタ
 
 2-1で迎えた57分、埼玉スタジアムが特大の溜め息に包まれる。
 
 日本代表のCB三浦弦太がGK東口順昭に送ったバックパスをエディンソン・カバーニにかっさらわれ、なんとゴールに蹴り込まれたのだ。ガンバ大阪で十二分な連携を構築しているはずのコンビが、イケイケムードの森保ジャパンに水を差した。誰もが「なにやってんだ!」と呟いたはずだ。
 
 三浦はあの瞬間を「正直、誰かがいるとは思ってなくて出してしまった」と振り返り、「結果的に勝ったから良かったものの、試合の流れを変えていたかもしれない。あってはならないプレーでした」と猛省。「Jリーグでやるのと日本代表でやるのとではまったく大きさが違う」と付け加え、直後に勝ち越しゴールを決めた“後輩”堂安律に対しては「感謝しかありません」と苦笑した。
 
 まさかのパスを送られた東口は「コーチングできたら良かったんですけど、気づいた時には手遅れでした。あれはアカンやろ、と弦太には言うておきました」と、試合後に軽くお灸をすえた事実を明かしている。
 
 だが、三浦の切り替えは迅速だった。「みんなから気にするなって声を掛けてもらえたんで」と話し、何事もなかったかのように淡々とゲームに集中したのだ。元日本代表CBで解説者の秋田豊氏も「ミスは良くないんだけど、あのリカバリーは大したものだった。普通なら引きずるはずだけど、あそこが三浦の強さ。メンタルの強さだと思う」と感心しきりだった。

 
 90分を通してみれば、やはりあのミスは致命的と言わざるを得ない。しかし、ウルグアイ代表のターゲットマンであるカバーニとのマッチアップは見応えがあり、ほとんどの競り合いで三浦が優位に立った。ガンバが誇る守備の要は、「楽しかった」と振り返る。
 
「長いボールが入った時のカバーニのボールの受け方とか、Jリーグじゃお目にかかれないレベルだと思うんです。強さもあるし、裏に抜け出す怖さもある。たしかにミスはあったんですけど、自分としては集中を切らすことなく90分間楽しくやれた。ああいう選手と日本代表として戦った時に、どう抑えていくかが、これからの僕にとっては大事。普段から意識していく上でも、すごく良い経験をさせてもらいました。多くのチャンスを与えなかったという手応えはありますけど、実際には3失点しているわけで、その事実もしっかり受け止めたい」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ