【高校選手権】東福岡 5-0 國學院久我山|激闘の舞台裏を徹底分析。東福岡の主将・中村健人がふと気付いた“盲点”とは?

カテゴリ:高校・ユース・その他

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年01月11日

1年を通して成長を続けた東福岡。「個」と「組織」で圧倒し、選手権の頂点に。

組織を重視したチーム作りで頂点に立った東福岡。GK脇野は「みんなで努力してきたからこそ、今日に至ることができた」と胸を張った。 写真:田中研治

画像を見る

 一方、東福岡の森重監督は「大したものだな」と感心しながら、選手たちの戦いぶりを見ていたという。

 現チームはなにかと中島賢星(現横浜)、増山朝陽(神戸)らを擁した一年上の世代と比べられてきた。それでもプロ内定者のいない今回のチームがインターハイ、選手権と夏と冬の二冠に輝いた。

「昨年度のチームは『個』を活かしつつ、組織を大事にして戦った。でも、さらに組織を重視していれば、もっと良い結果が生まれたかもしれなかった。今年のチームはそこまで個の力がなかった、と言っては失礼になるかもしれないが、そういった反省材料が活かされた。身体を張ってシュートをブロックした場面なんて、『こいつら頑張っているな』って思いながら見ていた。したたかさと堅実さを持ってプレーしていた」

 宮原裕司、金古聖司、千代反田充(いずれも元福岡など)らを擁して、17年前にコーチとして選手権制覇を経験した。「次の優勝もすぐできるだろう、と思っていたら、17年もかかってしまった」と指揮官は苦笑いを浮かべた。

 GK脇野敦至は胸を張って言った。

「『個』の力が先輩たちほど高くなく、失点も多いチームだったので、守備の練習に時間を割いて取り組んできた。みんなで努力してきたからこそ、今日に至ることができた」

 とはいえ、それでも「個」の力がモノをいう4-3-3(守備時は4-1-4-1)で選手権制覇を成し遂げたあたりにも、東福岡のこだわりとプライドが感じられた。

「選手権は約2週間で6試合をこなさなければいけない。そのための準備が求められる」と、この試合のみならず、大会の対策についても試行錯誤を重ねながら練ってきた東福岡が、結果的には決勝で「個」と「組織」で圧倒し、選手権の頂点に立った。

【選手権PHOTOハイライト】埼玉/決勝 東福岡×國學院久我山

取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【高校サッカー選手権│東福岡・日本一の“真実”】すべての赤い彗星が輝いた
【高校選手権】東福岡 5-0 國學院久我山|圧巻の攻撃力! “赤い彗星”が17年ぶりの優勝&夏冬連覇を達成!!
【甲府/新体制】4年連続のJ1へ。「総力」を集めて出発!
【J1・J2移籍動向】湘南のサイドアタッカー古林将太が名古屋へ。昨季チームナンバーワンのクロッサーを活かせるか?
【J1・J2移籍動向】G大阪が中盤の陣容を強化。藤本淳吾の完全移籍加入で2016年の過密日程に挑む
【J1・J2移籍動向/42クラブを網羅】最新移籍リスト

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ