【J1・J2移籍動向】湘南のサイドアタッカー古林将太が名古屋へ。昨季チームナンバーワンのクロッサーを活かせるか?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年01月11日

昨季終盤はシャドーとして躍動。

昨季は26試合・3得点の結果を残した古林。ジュニア時代から過ごした湘南を退団し、名古屋に新天地を求めた。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1の名古屋は1月11日、湘南から古林将太を完全移籍で獲得すると発表した。古林は初めての完全移籍となる。

【J1・J2移籍動向】最新移籍リスト
 
 2015シーズン、古林は26試合・3得点・2アシストの成績を残し、湘南のJ1残留に貢献。シーズン序盤こそ調子の波があり出番が限られたが、徐々にキレを取り戻して終盤戦はシャドーとして躍動し、2試合連続ゴールを決めるなどの活躍を見せた。またクロス数はチーム内トップを誇り、右サイドからのアタックを支えた。
 
 一方、小倉隆史新監督を迎える名古屋は、外国籍選手3名と闘莉王が退団。新体制下で主軸の顔ぶれも大きく入れ替わることになる。これまで右サイドは矢野貴章、小川佳純らが担ってきたが、ここに古林が加わり新たなポジション争いが展開されることになりそうだ。
 
 古林はクラブを通じて、次のコメントを残している。
「名古屋グランパスに加入できることを幸せに思います。これまで学んできた自分の全てを出し、チームのために貢献できるように全力を尽くします。また、サポーターの皆さんと一緒に闘えることを楽しみにしています。ひとつでも多くの勝利、タイトルを獲得できるように、共に頑張りましょう」
 
【関連記事】
【J1・J2移籍動向/42クラブを網羅】最新移籍リスト
【2015総括】名古屋編|助っ人勢が機能せず攻守に波の多いシーズンに。小倉新監督の就任で一から出直し
【J1・J2移籍動向】G大阪が中盤の陣容を強化。藤本淳吾の完全移籍加入で2016年の過密日程に挑む
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?
【高校選手権】東福岡 5-0 國學院久我山|圧巻の攻撃力! “赤い彗星”が17年ぶりの優勝&夏冬連覇を達成!!
【高校女子選手権】9年ぶりの頂点を極めた藤枝順心。世界MVPを擁しても届かなかった日本一を実現できた理由

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ