【ルーツ探訪】太田宏介の“知られざる感動秘話”。ゴールなき母親孝行

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2015年12月16日

清水時代に初めて親元を離れ、精神的にも大きく成長した。

親元を離れて清水に加入すると、心身ともに鍛えられた。10年にはフル代表にデビューした。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 結局、ルーキーイヤーに出場した公式戦は2試合。J1に昇格した横浜FCでプロ2年目を迎えるにあたり、宏介には確かな焦りがあった。

「シーズンが始まる前に1か月くらい短期留学でブラジルに行かされました。これはつまり、クラブからあまり評価されていない、明らかに力不足だと言われているのと同じことで、このままじゃダメだと思いました。消極的なスタンスを振り払って、確かな意図を持って練習に取り組もうと改めて決心を固めました」

 高木琢也監督の熱血指導とアドバイスのおかげもあり、プロ2年目の宏介はJ1の舞台で出番を増やしていった。それまで以上にサッカーと真摯に向き合う姿勢が報われ、U-20日本代表にも選ばれた。同U-19の経験もあったが、高校の恩師・石井に言わせれば「07年7月のU-20カナダ・ワールドカップに出場できたのが、後の成長につながる大きなターニングポイントだった」。

「トゥーロン国際大会で(金崎)夢生が怪我をして、追加招集されたメンバーが俺だったんです。そのままワールドカップに行けたので、運も味方につけました」(宏介)

 そのカナダ大会では、ナイジェリアとのグループリーグ第3戦にフル出場するなど、ベスト16入りに貢献。世界レベルを肌で感じ、そこで得た経験を糧にDFとしてのベースを築いていく。そしてプロ3年目になると、J2に降格した横浜FCを立て直すために監督就任した都並敏史の下で、左SBとして本格的にしごかれた。

「今のプレースタイルに辿り着くうえで、都並さんとの出会いは欠かせません。都並さんの下で基礎的な部分をコツコツと反復練習して、リーグ戦(J2)が終わる頃にはJ1でもやっていける自信が付きましたからね。

 あとは、自分の前(左サイドハーフ)でプレーしていたアツさん(三浦淳寛)にも感謝しています。『俺が持ったらオーバーラップしろ。シンプルに出すからとにかく仕掛けろ、ミスしても俺がカバーするから、とにかく気持ち良くやれ』ってそう言われて嬉しかったです。アツさんは俺の師匠です」

 こうして左SBの才能を開花させた宏介は、09年1月に横浜FCから清水に移籍。親元を離れるのは、精神面を磨くうえでひとつのチャレンジだった。母・祐子は言う。

「小さい頃から宏介はかなりの人見知りでした。セレクションなんかを受けた際も、『知らない子たちとやりたくない』と言うぐらいでしたからね。環境を変えるのを怖がる側面は持っていました。だから、清水に加入して初めてひとり暮らしを始めた頃は、よく電話がありました」

 ところが、清水でキャリアと年齢を重ねるうちに人見知りはなくなり、人間としての幅を広げるようになる。

「ある時から電話がなくなりました。チームの人たちと仲良くなって、プライベートでは家を行き来して遊んでいたみたいです。さらなるステップアップを目指してFC東京に移ってからも、それは変わりません。宏介の周りにはいつも良い友だちがたくさんいます」(祐子)

 仲間──。宏介が日本代表に登り詰めるうえでも、それは欠かせないファクターだった。

「チームメイトには恵まれました。横浜FCには往年のスターがたくさんいて、清水には小野伸二さんや高原直泰さん、リュングベリ、オカちゃん(岡崎慎司)。FC東京に来たらナオさん(石川直宏)、ニュウさん(羽生直剛)というように、ひとりずつ挙げていけば切りがないですが、なかでも同世代のモリゲ(森重真人)と(高橋)秀人が代表に入って活躍している姿が一番の刺激になりました。俺も負けていられないって。

 U-20代表時代に仲良くなった選手たちの存在も大きいです。彼らがいたからここまで頑張れましたし、フル代表の合宿で再会するとまた大きな刺激をもらえる。いろんな人との出会いは僕の財産です」
 
 
【関連記事】
【検証|鳥栖戦】歓喜のち悲鳴。なぜFC東京の守備ブロックは突如、決壊したのか
【鳥栖】「出てくるなよ…」。GK権田が涙腺を緩ませて語った“戦いたくなかった盟友”
【タイ戦|戦評】ハリル采配に疑問。なぜ“臆病に映ったCB”を交代させなかったのか
権田に伸し掛かった、想像を絶するプレッシャー。味スタは“複雑な場所”だった
FC東京サポーターの前で号泣…。権田が“その心情”を激白
スポーツ関心度ランクでサッカーは何位? 野球に次いで堂々2位に食い込んだのは意外にも
美女揃い!Jクラブ応援番組のMC&レポーターを一挙紹介

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月4日発売
    欧州100クラブの
    「エース図鑑」
    最も頼れる男はだれだ!?
    2019年“大展望”も必見
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ