【J1採点&寸評】鹿島1-0C大阪|荒木がチーム最多の6点目で勝利に導く。奥埜のハードワークも好印象

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月27日

C大阪――自陣でのミスが致命傷に

【警告】鹿島=犬飼(31分) C大阪=丸橋(50分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】荒木遼太郎(鹿島)

画像を見る

[J1第16節]鹿島1-0C大阪/5月26日/県立カシマサッカースタジアム

【チーム採点・寸評】
C大阪 5.5
第10節に勝って以降、白星に恵まれていないこともあって“まずは守備”から入ったが、自陣でのミスが致命傷になってしまった。一刻も早く、負の連鎖を止めたい。

【C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 6
失点に至ったシュートは相手をほめるべきだろう。力の限り手を伸ばしたが、およばなかった。直接FKをセーブするなど、90分を通してみれば、マイナス査定の要因は見当たらない。

DF
2 松田 陸 5.5
52分、狙いすました超高速クロスで、「先制点か?」というビッグシーンを作った。後半に入ると出足が鈍くなり、後手を踏むケースが目についた。

DF
14 丸橋祐介 5.5(64分OUT)
チーム全体の重心が後ろにあったため、攻撃機会が少なく、持ち味を出しきれなかった。62分、約25メートルのFKは相手GKの正面をつき、起死回生の一撃とはならず。
 
DF
15 瀬古歩夢 5.5
危険なスペースへの予測は相変わらず安定していたが、白星から遠ざかっているチームの現状に影響され、自身のパフォーマンスもどこか消極的に映る。

DF
43 ダンクレー 6
長身を生かし、高い壁となって立ちはだかった。チームメイトのバックパスのミスを取り戻そうと素早くカバーに入ったが、失点を防ぎきれなかった。

MF
4 原川 力 5.5(84分OUT)
前半終了間際、タイミングよく上がってきて横パスをもらい、果敢にシュートを選択したが、相手DFに当ててしまった。負傷も癒え、前節から復帰。だが、本調子には程遠い。

MF
5 藤田直之 5.5(75分OUT)
まずは守備からというゲームプランに徹した。痛恨の1点を許してしまい、ちょっとしたミスが大きな代償を支払うことになった。
 
【関連記事】
【J1】川崎がリーグ記録に並ぶ開幕19戦無敗! 浦和はユンカーの4戦連発弾も勝ち切れず…福岡は連勝が「6」でストップ
【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】興味が尽きない“Wトップ下”。人材不足の左SBの候補者は?
【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】主軸は田中碧?“フロンターレ色”を打ち出すのもアリか
「何がしたいんだ」清水のあまりに“痛い”珍プレーが世界中でバズる!スペイン全国紙も「史上最悪の戦略?」と報道
松本・村山智彦が栃木戦後の“誤解を招く発言”を謝罪「頭を蹴れ!怪我をさせろ!という意味合いは全くない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ