「遠藤と伊東には驚いた」英国熟練記者が森保ジャパンの欧州遠征4試合を総括!「前線のベストな選択肢は明らか」

カテゴリ:日本代表

マイケル・プラストウ

2020年11月19日

今回の遠征で得たものは少なくない

ヨーロッパでの遠征4試合を終えた森保監督。写真:龍フェルケル

画像を見る

 森保一監督は苦悩しながら、何かがうまくいくまで、本当に様々な組み合わせでオプションを試し続けている! だが、私の率直な考えはこれまで述べてきた通りだ。前述した前線4人の組み合わせを超えるオプションや、チームの最適解は今回の遠征では見つけられなかった。

 ただし、今回のオランダとオーストリアで行なった4試合は成功を収めたと評価したい。この状況下でも日本代表は再び動き出し、良いプレーも見せてくれた。ワールドカップのベスト8に進出するチームのパフォーマンスとは言い難いが、本番は2年先のことだ。

 その間に、良くも悪くも多くのことが変わるだろう。現時点で最も重要なことは、森保監督が今いる選手たちと一緒に歩みを止めず、チームを構築し続けることだ。4試合で披露したチームのバリエーションは豊富であり、多くの示唆を与えてくれた。選手同士の繋がりも再確認でき、課題も明確となった。

 日本代表チームは成長のために、再び前進し始めた。それだけは間違いないのだから。

――◆――◆――

著者プロフィール
マイケル・プラストウ/1959年、英国のサセックス州出身。80年に初来日。91年に英国の老舗サッカー専門誌『ワールドサッカー』の日本担当となり、現在に至る。日本代表やJリーグのみならず、アジアカップやACLも精力的に取材し、アジアを幅広くカバー。常に第一線で活躍してきた名物記者だ。ケンブリッジ大学卒。
【関連記事】
【メキシコ戦|動画&記事一覧】Pick up PLAYERS、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【セルジオ越後】「たら・れば」の話はいらない! メキシコとの実力差は明らかだった
メキシコ戦で突きつけられた現実。そもそも日本代表は強くない
「欧州に渡って選手と話し合いの場を持ちたい」森保監督は3月W杯予選に向けて敗戦を活かす方針
「客観的に見なければいけない」メキシコ戦で、柴崎岳が痛感したこと

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ