「欧州に渡って選手と話し合いの場を持ちたい」森保監督は3月W杯予選に向けて敗戦を活かす方針

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月18日

「決定力、したたかさというのは我々も見習わないといけない」

「チームとして全体的にレベルアップをして強化をはかりたい」と語る森保監督。※写真は会見中のスクリーンショット

画像を見る

 日本代表は11月17日(日本時間18日)、オーストリア・グラーツでメキシコ代表と国際親善試合を行ない、0-2で敗れた。

【動画】森保監督も「見習わないといけない」と語る、メキシコ戦のハイライト!

 パナマ戦から続けて出場したのは、吉田麻也、柴崎岳の2名。そのほか9選手を入れ替えた試合は、前半メキシコの強度に苦しむが、10分過ぎからペースを掴むと、原口元気のミドルシュート、鈴木武蔵、伊東純也が続けて決定機を迎えるなど日本の攻撃が機能し、多くのチャンスを作り出した。

 試合後にオンライン上で会見を行なった森保一監督は「メキシコから学ばなければならない」「決定力、したたかさというのは我々も見習わないといけない」とこの日の反省点を挙げた。

 また、「チームのコンセプトとして良い守備から良い攻撃」、「GKにボールが入った時からチーム全体でビルドアップしてチャンスを作っていくこと」には一定の手応えもあり、特に前半戦の出来には満足した部分もあったという。

 しかし幾度となく作り出した決定機も、メキシコのGKギジェルモ・オチョアの好守もあり、ゴールを決め切れずにいると、後半は一転して相手のペースに。

 森保監督は「攻撃のギアを上げていけるように。交代選手によりチームを活性化してもらえるようにと期待した」と、57分に南野拓実と橋本拳人を2枚替えで流れを変えようと試みるが、63分にラウール・ヒメネス、68分にイルビング・ロサーノに得点を許す。今年の代表活動で初の失点を喫した日本は、結局0-2で敗戦。年内最後となる試合を白星で飾ることができなかった。
 
 今後は3月に再開されるワールドカップ2次予選が待っている。森保監督は「11月の成果と課題を整理、分析して抽出。活動のフィードバックする部分を詰めていきたい」として、これからの期間についての展望を明かした。

「可能であれば私やコーチングスタッフがヨーロッパに渡って、個人の成果と課題。チームとしての成果と課題を話す機会を作りたい。選手たちとこれまでの振り返りと、これからの話をしっかりと出来れば。それが出来ない場合でもウェブ上でミーティングをしたい。今年の代表の経験をこれからの活動に活かしていきたい」

 4試合を2勝1分1敗で終えた日本代表の2020年の活動は終わったものの、すでに来年への戦いが始まっているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【日本0-2メキシコ|採点&寸評】前半のチャンスを仕留め切れず…後半は自慢の守備陣も苦戦
「日本は圧倒的に優勢だった」メキシコ・メディアは森保ジャパンとの年内最終戦をどう見た?「2度の決定機があったが…」
【メキシコ戦|動画&記事一覧】Pick up PLAYERS、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
強豪メキシコとの一戦で森保監督が見つけた課題と収穫は?「苦しい場面もありましたけど…」
「同じW杯ベスト16でもこれだけ差がある」メキシコ戦完敗に吉田麻也は悔しさ露わ!「自分たちを苦しめてしまった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ