【日本1-0パナマ|採点&寸評】好調MFが攻守で存在感。板倉、南野らもアピール

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2020年11月14日

遠藤は攻守で貢献

後半から登場した遠藤(6番)。南野とゴールを喜び合う。写真:龍フェルケル

画像を見る

交代出場
MAN OF THE MATCH
MF
6 遠藤 航 6.5(HT IN)
先制点につながるPKは彼の縦パスから。クラブでの好調ぶりを攻守で示した。後半頭から登場し、試合を動かした点も評価してMOMに選出。
 
MF
8 原口元気 6(57分 IN)
左ウイングバックとしてプレー。出場直後にクロスを送り、シュートにも絡む。
 
MF
9 鎌田大地 6.5(71分 IN)
しっかりボールを奪い、魅力的なテクニックでキープ。軽快な動きとパスで次々にチャンスを作り出した。
 
FW
18 浅野拓磨 6(70分 IN)
75分には快足を飛ばして抜け出したところをGKに倒され、相手守護神は退場に。持ち味を発揮した。
 
DF
19 酒井宏樹 ―(81分 IN)
出場時間は短かったものの、試合をしっかり締めた。攻守で危なげなくプレー。
 
MF
4 中山雄太 ―(81分 IN)
激しく寄せて相手を潰す。欲を言えばファールをせずにボールを奪い切りたかった。
 
監督
森保 一 6
前半途中からリズムを取り戻したが、試合の入りは苦しい内容に。3-4-2-1で連係面を確認できたのは収穫も、前からのプレスのハメ方など整備しなくてはいけない点はまだ多い。



構成●サッカーダイジェスト編集部
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ