金田喜稔がパナマ戦を斬る!「機能不全のチームを6番が一人で変えた。久保よりも断然ワクワクさせてくれたのが…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月14日

両ウイングバックがあのクロスの精度では厳しい

後半頭から橋本に代わってボランチに入り、劇的にチームを変えたのがこの遠藤だ。(C) Getty Images

画像を見る

 前半は全くと言っていいほど機能していなかった。立ち上がりこそ、左の長友、右の室屋の両ウイングバックが高い位置を取り、積極的に前へ出て支配したいという姿勢が表われていた。

 だけど、開始10分を過ぎたあたりから、次第に両ウイングバックが下がりはじめ、守備時は最終ラインに吸収されて3バックがほぼ5バックになり、バランスが悪くなった。

 最終ラインがずるずると下がったことで、前線とのスペースが間延びし、中盤でプレッシャーがかからなくなった。結果、まったく主導権を握れていなかった。ボランチの柴崎はらしくないミスを連発し、コンビを組んだ橋本との連係もぎこちなかったね。

 3バックのうち、中盤もできる板倉が前に出て、ボランチを押し上げるような動きができていれば、柴崎がもっと前へ出られて、前線の南野、久保、三好に絡めたと思う。3バック自体を否定するつもりはないし、チャレンジはしてほしい。ただ、両ウイングバックが下がり過ぎ、あるいは上がり過ぎた時などに生じるバランスの悪さをピッチにいる選手たちが修正できるかが重要になる。

 そもそも、せっかく両サイドが高い位置を取って攻め上がっても、あのクロスの精度では厳しいよね。長友にしても室屋にしても……。とにかく、前半が上手くいってなかったのは、戻って来る選手たちの顔を見ていても明らかだった。

【代表PHOTO】日本1-0パナマ|南野のPKで挙げた1点を3試合連続となる完封で守り切る!
 後半、そのバランスの悪さを個人の能力で劇的に変えたのが6番の遠藤だ。

 ブンデスリーガで評価されているボールを奪う仕事だけじゃなく、そこから攻撃の起点にもなっていた。縦パスを入られるから、前線が活性化する。実際、南野が唯一の得点であるPKを獲得したシーンは、遠藤の縦パスが起点となった。

 この遠藤の的確なパスのおかげで前線の3人が前を向いてプレーできるようになり、パナマの守備陣が絞って中央を固めざるをえなくなった。それから、ようやく両サイドが効果的に使えるようなった。システムうんぬんではなく、一人で試合の流れを変えてしまった。

 とにかく目配りできるし、インターセプトを狙え、かつ敵のくさびのボールをカットできる絶妙の位置にポジションを取り、完全にゲームを仕切っていた。「やって出てきてくれたか」という気持ちだし、当然、メキシコ戦ではスタメンで見たいよね。

 攻撃バリエーションという点ではパナマを数段上回るメキシコを相手に、どこまでやれるか楽しみだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ