【安永聡太郎】一発勝負のCLを見て感じた、日本と欧州の“広がる差”。あの舞台で活躍できる選手を育てるには――

カテゴリ:連載・コラム

木之下潤

2020年09月11日

CLで活躍できる選手を育てるにはどうしたらいいか

 現時点で、日本人が出場したCLの最高成績って8月末に引退した内田篤人氏のベスト4だよね?

 彼が引退会見で厳しくも素直な「JリーグとCLやヨーロッパのリーグとの違い」について発言してくれたけど、この点についてはメディアを含めて日本サッカー全体が真剣に考える時期に来ている。もうプロなどのトップカテゴリーにいる指導者やJ下部組織のコーチングスタッフだけでは収まらない話になっている。なんだか日本サッカー界への提言みたいな言葉ばかりが並んじゃったけど。1人で考えても個人の力なんて知れてるからね。

 自分も“今”育成に関わっているから。

 CLの舞台って世界のトップ・トップのクラブ全員があの舞台にたどり着くものを持っているわけではない。スペインにだって、イタリアにだって、イングランドにだって、ドイツにだって、それに含まれない選手は大勢いる。彼らがやっていることがすべて正しいわけではないし、マネしたからといって日本人選手があそこにたどり着けるわけでもない。

 ただ、あの舞台で輝ける選手を日本全体で生み出す努力は行なう必要はある。
 
 そこで思っているのは、個性というか、才能というか。僕が言いたいのは「みんなが決して同じ方向を向く必要がない」こと。なぜなら国内でも地域によって環境が違うし、できることが違うから。それぞれの地域環境の中で育てられる選手の特徴がもっともっと色濃くあっていいと、僕は思う。

 スペインでいえばバスク地方は戦う選手が好きで、ファイトできる選手が育つ。その中でフットボーラーとしての資質をコーチが求めていく。アンダルシア地方は“ウイング文化”が根付いていて、1対1に優れた選手が育つ。もうその勝負に勝てなければ必要ないくらいの尖った選手が輩出される。

 カナリア諸島でいえば、ダビド・シルバやペドロのようなワイドながらも中盤の役割もこなすようなテクニカルな選手が育つ傾向がある。地頭のいい、チームにアクセントを加えるバレロンのような選手も出てくる。

 カタルーニャでいえば、バルサのように自分たちのクラブで活躍できる選手を目標に育成するクラブもあれば、エスパニョールのようにサッカーの大枠をしっかり叩き込むクラブもある。

 レアル・マドリーは「育成から這い上がれる選手は数年に一人。なぜならマドリーは世界一のクラブで、そこで活躍できる選手は一握りだから、と。出ていくことのほうが圧倒的に多いけど、外に出て活躍したら戻っていらっしゃいね」と取り組んでいるクラブもある。

 つまり、育つ地方、クラブによって特徴があっていい。たとえば、「九州地方はボールに対する執着心があってとにかく縦に早い選手が育つよね」でいいと思う。子どもの特徴と生活している環境は切り離せないところはあるからね。だから、もともと持つ選手の気質を曲げてまで、一般的に考えられるジャパニーズスタイルに合わせなくていい。

「もっとボールを大事にしなさい」
「もっとボールをつないで」…etc.

 育成期間中はそういう意見も一理あるけど、スペインのバスク地方のサッカーを見たりすると結構ボールを蹴り出したりしている。スペインだからと全部が全部細かくつないでいるわけではない。その環境の中で輝く選手が生まれるし、その環境の中で違いを生む選手が育って出てくる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ