“元祖ヤングなでしこ”INAC仲田歩夢が語る、過去の葛藤と今の充実感「今は昔に比べて本当に…」

カテゴリ:高校・ユース・その他

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2020年07月10日

「ドリブルで参考にしている選手は…」

18年シーズンはリーグ18試合・5得点。レギュラーとして活躍した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

――戦術的な役割はどう考えていますか?

「推進力でアクセントになりたいという意識はあります。(日テレ・)ベレーザから来た田中(美南)が前線に入ることで、攻撃の厚みが増して、スピード感も強さも、すごくパワーアップしています。そこでひとつの武器になれればなと」

――ドリブルが得意なスタイルは昔から?

「そうですね。昔から変わらないです。逆に高校まではポゼッションサッカーってほとんど馴染みがなくて、INAC(神戸)に入った時にはかなり戸惑いました。ボールをすごく回す戦術で。慣れるまでは身体的にも難しかったし、頭でついていくのも大変だったのを覚えています」

――ドリブルで参考にしている選手はいますか?

「左利きなので(リオネル・)メッシのプレーは結構気にしています。まあ見て真似できるようなレベルではないので、ただただ憧れているという感じです(笑)。見ることで少しでも『こういうプレーもあるんだ』と幅が広がればいいなと」
 
――12年にINACに入団してから成長を実感しますか? 特にここ3年は出場機会を増やしています。

「入団当初は、試合の終盤にちょっと出られたらいいくらいのレベルでした。当時在籍していたメンバーを見ても澤(穂希)さんとか代表クラスばかりでしたから。この人たちには敵わないなと思って、とにかく自分のレベルを上げることに集中していました。

 ただ、ここ何年かはこれまでに学んだことがようやく実になったというか、チームのやるべきこと、監督からの要求を飲み込みながら自分の長所を出せるようになってきた。チームメイトとプレーについて話す機会も増えて、すごく考えてプレーするようになりました。多分少し余裕が出てきて、自信がついたのかなって。

 もちろん満足はしていません。昨年もシーズン途中までは先発でしたけど、足首の怪我をしてからは、途中出場が多くなってしまって悔しい想いをしました。今年は競争が激しいですけど、少しでも長い時間ピッチに立てるように、今はアピールしながら、自分のレベルをさらに上げようと練習しています」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ