“元祖ヤングなでしこ”INAC仲田歩夢が語る、過去の葛藤と今の充実感「今は昔に比べて本当に…」

カテゴリ:高校・ユース・その他

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2020年07月10日

「気づいたら私って年齢的に結構上のほう」

突破力が持ち味。「ドリブルからシュートというプレーはどんどん出していきたい」と語る。写真提供:INAC神戸レオネッサ

画像を見る

――今年ゲルト・エンゲルス監督が新たに就任しました。どんな監督ですか?

「結構はっきりしている性格で、基本的に選手の判断に任せてくれます。指示する時には、アタッキングゾーンに入ったらドンドン自分で仕掛けていけとか明確です。あとは攻守の切り替えをすごく大事にしていて、判断に迷って時間をかけるのはあまり好きじゃない印象ですね。すごく良い監督ですよ。選手一人ひとりをよく見てくれていますし」

――攻撃の判断を委ねてくれるなら、ドリブルが得意な仲田選手からしたらやりやすいのでは? 自由にプレーできるというか。

「そうですね。自分で持ったらゴールまで運ぶプレーが好きなので、やりやすさは感じます」

――開幕してからファン・サポーターに見てほしいプレーはやはり……。

「はい、ドリブルです。突破力はやっぱり持ち味なので。ドリブルからシュートというプレーはどんどん出していきたいです。あとチームとしては力強さの部分に注目してほしいですね。今年は他チームから主力級の選手が加わって、かなりレベルアップしています。お互いに刺激し合えているのが良い方向に出るんじゃないかなって。上手いだけじゃなくて、パワフルな新しいINACを見せられたらと思います」

――強力な新戦力が加わった分、競争はかなり激しそうですね。

「でも、それはチームの底上げができているということですから。どのポジションも競争が激しくて、余裕でいられる選手はなかなかいないんじゃないかなと。あと今年は交代枠が増えるので、一人ひとりのチャンスが増えるはず。激しい競争がチームに良い影響をもたらしてくれそうです」
 
――チームでの役割を、自分ではどう感じていますか?

「気づいたら私ってチームで結構年上のほうなんですよね。そういう意味でコミュニケーションの部分で、できるだけいろんな選手と話すようにしています。プレー中でもそれ以外でも。私は誰とでもなんでも話せる性格なので(笑)。若い子たちが馴染めるように、上手くまとめていければいいなと。

 あまり上下関係はきっちりし過ぎないほうがいいと思うんですよ。普段からチームメイトでいろんな話ができてフレンドリーな雰囲気があれば、プレーでも気を遣わずに自分を出せるんじゃないかなって」

――仲田選手はいじり役? いじられ役?

「どっちも、ですね。年上にはいじられたりしますし、年下を結構いじったりもします。挟まれているので忙しいです(笑)」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ