“元祖ヤングなでしこ”INAC仲田歩夢が語る、過去の葛藤と今の充実感「今は昔に比べて本当に…」

カテゴリ:高校・ユース・その他

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2020年07月10日

中断期間に取り組んだのは?

今季でINAC在籍9年目を迎える。主力として責任感を強めている。写真提供:INAC神戸レオネッサ

画像を見る

 7月18日になでしこリーグがついに開幕する。今季注目したい選手のひとりが仲田歩夢だ。

 INAC神戸に加入して今年で9年目。かつて「ヤングなでしこ」と命名された世代別代表の一員で、3位に輝いた12年のU-20ワールドカップにも出場した。しかしINAC入団当初は満足できるほどクラブでは出番を得られず、慣れない戦術に困惑した。

 それでも今、様々な葛藤を乗り越え精神的にもタフになり、プレーの幅を広げている。

「今はサッカーが楽しい」
 笑顔で充実感を語る26歳のアタッカーに今季求められる役割とは――。

――◆――◆――
 
――開幕日(7月18日)が決まり、6月からチーム活動が再開しました。

「本当に長かったです……。2か月間もサッカーをしないなんて今までありませんでした。自粛期間は自分と向き合って、いろんなことを考える良い時間にはなりましたけど、早くみんなとサッカーをしたいなと、そういう想いをずっと抱いていました」

――再開してチームメイトと実際にグラウンドでボールを蹴った時の心境は?

「みんなといろんな練習をできるのはやっぱり楽しいなというのが真っ先に生まれた感情です。ひとりでのトレーニングはどうしてもやれることが限られていたし、寂しさもありましたから」

――自粛期間中はどう過ごしていましたか?

「基本的には家の中でできることをやっていました。多少は家の近くにある広場でランニングとかをしていましたけど、ボールを蹴る機会は本当に少なかったです」

――新しく何か始めましたか?

「YouTubeの動画を見ながら、ストレッチとかヨガとか筋トレとかをやっていました。これまでそういうフィジカル的な自主トレは日常的には取り入れていなかったんですけど、身体が固いので、これを機に取り組んでみました」

――練習が再開して、変化は感じた?

「チームでやる筋トレの時に、以前と比べてだいぶ耐えられるようになりました。苦手意識が少しなくなった感じがします」

――開幕まで、どう過ごしていきたいですか?

「ゲーム形式とポゼッションの練習には力を入れたいです。実戦的な部分を増やして、ゲーム感覚を取り戻さないと」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ