• トップ
  • ニュース一覧
  • 「長谷部誠にはなれない」後継者・吉田麻也が背負う重圧と立ちはだかるコロナ禍【日本代表キャプテンの系譜】

「長谷部誠にはなれない」後継者・吉田麻也が背負う重圧と立ちはだかるコロナ禍【日本代表キャプテンの系譜】

カテゴリ:連載・コラム

元川悦子

2020年06月15日

新天地で良い状態をキープしていくことが今後の大きなポイントに

冬の移籍市場でセリエAのサンプドリアに移籍。新天地での活躍が今後の鍵を握る。(C) Getty Images

画像を見る

 セリエAの再開は6月21日。サンプドリアの次戦は同日のインテル戦だが、吉田の現状については実際のプレーを見てみなければ分からない。7月以降の去就も定まっておらず、今後の身の振り方が大いに気になるところだ。日本代表活動の再開がアジア・サッカー連盟(AFC)のアナウンス通り10月からなのか、2021年にズレ込むかも未知数だが、とにかくその時点で吉田がコンスタントに試合に出られる環境を確保し、いい状態をキープしていることが何よりも重要だ。それが今後の代表生き残りとキャプテン継続の大きなポイントになると言っていい。

 長谷部が34歳で3度目のW杯に参戦できたのも、フランクフルトで不可欠な戦力と認められていたから。彼のパフォーマンスはむしろ年齢を重ねるごとに輝きを増し、膝の怪我を負っていた2014年ブラジルW杯より、2018年ロシアW杯の方が明らかに心身両面の状態がよかった。吉田は長谷部が退く際、「ハセさんの年まで行けるかどうか分からない」とコメントしていたが、同様の領域まで達するには、なんとしてもクラブでピッチに立ち続けることが大前提となる。それを最優先に今後のキャリアを考えていくべきだろう。

 コロナ禍で長期間にわたり代表活動が空き、森保ジャパンのチーム作りは今後、非常に難しくなるはずだ。かつてない難局を乗り切るためにも、吉田の経験値や人間性はやはり必要になる。指揮官自身もそう考えているだろう。だからこそ、キャプテンにはパフォーマンスを落とさず、30代半ばに差し掛かっても成長できるところを示してほしい。まずはセリエA再開時の一挙手一投足をしっかりと見極めたいものである。

文●元川悦子(フリーライター)

【PHOTO】日本代表を牽引してきた歴代キャプテンを紹介!(1991年~2019年)

【吉田麻也PHOTO】“可愛すぎ”な2ショットも!名古屋時代から現在までのキャリアを振り返る!
【関連記事】
「時間が経つにつれて背中に荷物を…」歴代最高のリーダーと称される長谷部誠が率いた8年間【日本代表キャプテンの系譜】
「僕はマークを巻いてるだけ」南アでの大抜擢!長谷部誠が難局で見せた振る舞いとは?【日本代表キャプテンの系譜】
カズ落選、アトランタ世代の台頭…井原正巳はW杯初出場チームをどうまとめ上げたのか?【日本代表キャプテンの系譜】
「別のやり方があった」宮本恒靖が負った深い傷…ドイツ惨敗の代償【日本代表キャプテンの系譜】
“フラット3の申し子”を襲った悲運…森岡隆三が日韓W杯で抱いた苦悩と感謝【日本代表キャプテンの系譜】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ