僕らの現実。ドラッグや酒に走り、そして死に至る宿命――【元アルゼンチン代表DFの手記/第1章】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年05月24日

瞼を開けられなくなった団地でのフットボール

プラセンテ少年も参加した団地対抗戦が行なわれた“カンチャ”の様子。コンクリートのピッチで繰り広げられる試合は激しかったという。 (C) Gentileza/AJ

画像を見る

 準決勝が始まると、カンチャは熱狂の渦と化していた。そして、相手にソンブレーロ(※浮き球で相手の頭上を抜くこと)をかました僕は、そのお返しに強烈な肘打ちを食らった。右目は腫れ上がり、肘打ちを受けた直後から瞼を開けることもできなくなった。

 頭の中で星がキラキラして、木星と土星まで見えたくらいだ。その悔しさを噛み締めて、唾を飲み込んだ。そして、真顔で「何でもないさ、大丈夫だから心配するな」と言った。何事もなかったかのように、そのまま試合が進行するように振る舞ったんだ。

 ああいう所で起きるあのような瞬間が人格を作るのだと気づいたのは、それから何年も後のことだった。物事を弁えられるようになるかどうか、ということだ。
 
 苦戦の末に僕らは7-4で勝った。そんな忘れ難い準決勝の後の決勝は余裕だった。こうして僕は、この謎に満ちたサッカーという世界で初めて金を手に入れた。あんなにたくさんのまとまった金を手にしたことはなかった。

 僕らはすっかり勝者の気分になって、賞金を使い果たし、「この仲間(カテゴリア77)となら何でもできるんだぜ」とみんなに叫んでやりたくなったが、もう夜中の3時でどこも閉まっていて、出かけられるような状況じゃなかった。

 どれだけ無敵と思い込んだところで所詮は15歳のガキの集団だ。それに、いくら僕がチームで一番クールな2人から庇ってもらっていたといっても、家ではお袋が夕飯をこしらえて、スパイクを洗うために待ってくれていた。そう、そんな時間になってもお袋は僕が帰るのを待っていたんだ。

――第2章へ続く。

文●ディエゴ・プラセンテ(現アルゼンチンU-15代表監督) text by Diego Placente
コーディネート●クリスティアン・グロッソ coordination by Cristian Grosso / La Nacion
訳●チヅル・デ・ガルシア translation by Chizuru de GARCIA

※『サッカーダイジェストWeb』は、『ラ・ナシオン』紙の許諾を得たうえで当記事を翻訳配信しています。
【関連記事】
「仲間にも『手を使ったよな』って…」「8万人が間違えた」マラドーナがついに“神の手”の真相を激白!
「自殺を二度も考えた」ゼニトのアルゼンチン代表DFが壮絶な過去を激白!いったい何が…
「マジで衝撃でしたよ」小野、稲本、本山が“一番スゴイ!”と認定した伝説の名手とは?【黄金の記憶】
セルジオ越後が選ぶJ歴代ベスト11「他の10人も”別格”と認めるだろうベストプレーヤーは…」
小野伸二が選ぶJ歴代ベスト11「“魅せる”がコンセプト!でも言い争いが絶えないかも」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ