僕らの現実。ドラッグや酒に走り、そして死に至る宿命――【元アルゼンチン代表DFの手記/第1章】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年05月24日

“真のクラック”だったボギーとウィチ

アルヘンティノスのカテゴリア77の面々を抑えた貴重な一枚。後列の右から4人目がプラセンテだ。 (C) Gentileza/AJ

画像を見る

 ボギーとウィチはチームの真のクラック(名手)で、彼らが住んでいた団地のことも鮮明に覚えている。場所はイシドロ・カサノバ市、アルミランテ・ブラウンのカンチャの裏で、国道3号線とレオン・ガージョ通りの角だ。

 当時の団地にはインターフォンなんてなかったから、サッカーをするために友達を呼びたければ窓の下に立って口笛を吹かないといけなかった。彼が上から頷きながら顔を出したら、もうシャツを着てゲームを始める準備ができているという意味だった。

 団地の敷地にあったセメントのカンチャで、賞金をかけて行なわれた即席のトーナメントは、僕がそれまでに見てきたものの何よりも刺激的だった。

 ボギーとウィチは、ほんのたまに、自分たちの棟(ホーム)なのに、アウェーとしてプレーしていた。あの頃、セメントのカンチャで試合をする時は、いつだってホームのメンバーの方が多かったからね。そんな環境で、あえてアウェーの選手としてプレーするなんて、ちょっとカッコいいだろう。わかるかい?

 僕はいつも見学していたんだけど、ある日、自分にも出番が回ってきた。絶対に忘れられない午後のことだ。
 

 まず、参加費を援助してくれる人を探さないといけなかった。賞金がかかっていたから、トーナメントを始める前に参加費を払わなければならないのに、僕らの場合は全員で金を出しても2人分にも至らなかった。そこで大人の友達が“スポンサー”になって、お金を貸してくれて、僕らが勝った場合は賞金を山分けすることになった。交渉成立だ。

 スタートから好調だった。そして、最初の3試合に勝って進出した準決勝で、地元の僕らよりもホームの利を得たチームと対戦することになった。同じ20号棟の奴らだ。奴らの応援には大勢が詰めかけて、カンチャはものすごい盛り上がり様だった。

 ピッチ沿いに相手のサポーターがぴったりとくっついて、ライン際からプレッシャーをかけてくる。もちろん、僕らはいいプレーをしたよ。ポトレーロ(草サッカー)には慣れていて接触プレーもドリブルもお手の物だったし、なんといってもボギーとウィチがいたからね。

 でも奴らはずっと年上で、何がなんでも僕らをやっつける気でいたんだ。
【関連記事】
「仲間にも『手を使ったよな』って…」「8万人が間違えた」マラドーナがついに“神の手”の真相を激白!
「自殺を二度も考えた」ゼニトのアルゼンチン代表DFが壮絶な過去を激白!いったい何が…
「マジで衝撃でしたよ」小野、稲本、本山が“一番スゴイ!”と認定した伝説の名手とは?【黄金の記憶】
セルジオ越後が選ぶJ歴代ベスト11「他の10人も”別格”と認めるだろうベストプレーヤーは…」
小野伸二が選ぶJ歴代ベスト11「“魅せる”がコンセプト!でも言い争いが絶えないかも」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年6月9日号
    5月26日発売
    川崎・鹿島・横浜
    「3強徹底比較」
    J1首位争いを抜け出すのは!?
    森保一×風間八宏対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ