【J1採点&寸評】C大阪1-0大分|貴重なゴールを挙げたFWを高評価も、MOMは堅守を支えたディフェンスリーダー!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月22日

大分――準備の成果がみられただけに、決めきる力が欲しかった

【警告】C大阪=なし 大分=なし
【退場】C大阪=なし 大分=なし
【MAN OF THE MATCH】マテイ・ヨニッチ(C大阪)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
大分 6

試合内容ではC大阪を大きく上回りながらも、ルヴァンカップに続き黒星スタートを喫した。昨季のC大阪とのリーグ戦2試合はいずれも無得点とあって、サイド攻撃などを入念に準備。その成果が見られただけに、決めきる力が欲しかった。

【大分|採点・寸評】 
GK
1 高木 駿 6

90分間を通して安定感を発揮するも、8分のブルーノ・メンデスのシュートは右足に当てただけに悔やまれる。

DF
29 岩田智輝 6

守備ではC大阪の2トップや清武らにしっかりと対応。85分には右クロスで決定機を演出。

5 鈴木義宜 6
3バックの中央で最終ラインを統率し、流れの中では相手2トップにほぼ仕事をさせなかった。

3 三竿雄斗 5.5
無難な働きぶりを見せるも、やや中寄りにポジションを取ってきた坂元の対応に手を焼いた印象。
 
MF
7 松本 怜 6

高い位置取りからのクロスで何度か好機を演出。だが、60分に訪れた決定機を決めたかった。

40 長谷川雄志 5.5
セットプレーのキッカーを務めていた中で、12本も得たCKのどれかでゴールを演出したかった。

6 小林裕紀 6
守備時にはダブルボランチの一角、攻撃陣は最終ラインに入りビルドアップ。組み立ては良かった。

2 香川勇気 6(87分OUT)
積極的に仕掛けて左サイドで存在感を発揮。40分にはゴール前まで入り込み頭でシュートを狙う場面もあった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ