• トップ
  • ニュース一覧
  • 新生・南葛SCはどんなサッカーを目指すのか? 新監督が語る“ワクワクするサッカー”が意味するものとは――

新生・南葛SCはどんなサッカーを目指すのか? 新監督が語る“ワクワクするサッカー”が意味するものとは――

カテゴリ:特集

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月07日

「ボールを取られなかったら負けない。そのスタンスで、勝負と志向するサッカーの両輪を回していきたい」

チームには元鹿島の青木ら経験のある選手がいる。彼らの力も借りながらチーム作りを進めていきたいという。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 その積み重ねがクラブの目標である関東リーグ昇格につながる。島岡は言う。

「今季のチームの目標としては関東リーグへの昇格があります。僕も東京都リーグの難しさは聞いています。他のチームは見たことがないし、どんなサッカーをやってくるかは分からないけど、相手の土俵に立ってやる必要はないし、自分たちの土俵で戦うべきだと思う。風間さんが言われていたことで僕も大事にしている考え方があります。『主語を自分にする』。まずは我々がどうなのか。それが大事。自分たちがどうあるべきかをぼやかしていたら、自分たちが見えなくなって結局フラフラするだけ。結果にこだわっているからボールを大事にしなくていいわけではない。ボールを取られなかったら負けない。そのスタンスで、勝負と志向するサッカーの両輪を回していきたい」
 
 主語を自分にする――。そのスタンスが早く浸透すれば、理想に掲げるサッカーにより近づく。また、鹿島などで活躍した青木剛などの存在も心強いと言う。「僕よりも何倍も経験のある選手。ピッチで感じている経験値は僕よりも高いので支えになるし、何より自分と向き合っている。だからこの1か月で出来ることが増えている」と島岡が話す通り、ベテランの力も借りながらチームを作っていく構えだ。

「本当にまず、確固たる自分たちのスタイルをしっかりと作り、その上で結果を出したい。今年1年で昇格を勝ち取ります」

 最後に、そう意気込みを語った新指揮官。誰よりも強い決意で目標に向かって歩みを進めていく。(文中敬称略)

※このシリーズ了

取材・文●松尾祐希(フリーライター)

Supported by KLabGames


 
【関連記事】
新生・南葛SCの新監督に迫る! 選手権優勝からサッカー観を変えた人物との出会いまで…
リアル南葛SC、島岡新監督が感じたクラブの熱量「自分の想像を超えたアツさがあった」
2020年シーズンへ動き出した“リアル”南葛SC――GMが明かす新監督誕生までの舞台裏
“リアル”南葛SCは2020年をどう戦う?「全選手との面談」「サポーターとの交流」からGMが導き出した来季の方針
“リアル”南葛SCはどれだけ本気でJリーグ入りを狙っているのか?――GMが見据えるクラブの壮大な未来

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ