• トップ
  • ニュース一覧
  • 新生・南葛SCはどんなサッカーを目指すのか? 新監督が語る“ワクワクするサッカー”が意味するものとは――

新生・南葛SCはどんなサッカーを目指すのか? 新監督が語る“ワクワクするサッカー”が意味するものとは――

カテゴリ:特集

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月07日

子どもの頃にキャプテン翼というバイブルがあったように…

昨年も南葛SCはしっかりとつなぐサッカーを展開していたが、新体制の下、チームにはいかなる変化が出てくるのだろうか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 では、チームを率いる上で何を大事にしているのか。島岡は言う。

「ボールを扱う技術に向き合って、自分がどれだけできているかに尽きる。向き合えれば、未来を変えられる。『これでいいか』『これぐらいできている』『これならできるだろう』ではいけない。本当に舐めたらダメ。本気の集団にならないと、自分たちが掴もうとしているものは掴めない。目の前の相手だけではなく、僕らが見ているのは“キャプテン翼”のようにみんながワクワクするサッカー。子どもの頃にキャプテン翼というバイブルがあったように、楽しいから見たいし、応援したいというチームにしたい。そこだけはぶらさないようにしたいし、それにはまず、選手がこの先もっと変われる自分にワクワクして、自分自身に期待してほしい」

 目指すのは“ワクワクするサッカー”。点を取って勝つために、ただパスを回すのではなく、次に何が起こるのか、相手は見えてないけれど、自分たちには見えている状況を作り出すのだと言う。具体的にはどんなサッカーなのだろうか。

「風間さんに学んだことは、大きく2つあります。止める・蹴る・運ぶ・受けるの絶対的な技術。そのなかの『止める』とは、ボールが静止すること。『運ぶ』とは身体からボールが離れないこと。それぞれの成功とミスの基準を明確に持っていれば、自分たちのなかではっきりと良し悪しが分かる。そうすれば、相手が見ていない部分を見られるし、自分たちがボールをコントロールすれば、試合も支配できる。いろんなものが相手から始まらず、自分たちからできる。2つ目は、目で繋がること。繋がっている時間や数が多いほど、相手が捕まえられないサッカーになる」

 島岡はそのスタイルを成熟させられれば、クラブのアイデンティティーになるとも考えている。

「昨年まで福西崇史さんが監督をやられていました。その時にどんなサッカーをやっていたかは、クラブ関係者から聞いています。過去を全くないものにする必要はないですし、南葛SCを振り返った時に『監督が変わる度に全く別のサッカーをやっているよね』とならないようにしたい。取っ替え引っ替えで選手を入れ替えず、『ずっと苦労してきたからこそ今がある』と言われるクラブにしたい」
 
【関連記事】
新生・南葛SCの新監督に迫る! 選手権優勝からサッカー観を変えた人物との出会いまで…
リアル南葛SC、島岡新監督が感じたクラブの熱量「自分の想像を超えたアツさがあった」
2020年シーズンへ動き出した“リアル”南葛SC――GMが明かす新監督誕生までの舞台裏
“リアル”南葛SCは2020年をどう戦う?「全選手との面談」「サポーターとの交流」からGMが導き出した来季の方針
“リアル”南葛SCはどれだけ本気でJリーグ入りを狙っているのか?――GMが見据えるクラブの壮大な未来

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ