大胆なシステム変更を進める浦和とFC東京。宮本ガンバは新スタイル確立へ…沖縄キャンプに見えたJの変化

カテゴリ:Jリーグ

佐藤俊

2020年01月22日

2トップを厳しくマークされ失速したFC東京は4-3-3へ舵を切る!?

今季鹿島からFC東京に加入したレアンドロ。鍵を握る重要な戦力となりそうだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 昨シーズンの序盤戦は永井謙祐とオリヴェイラの2トップが戦術になり、久保建英の活躍もあって素晴らしい戦いを見せた。だが、久保が移籍し、相手が2トップを厳しくマークするようになると攻め手を失い、得点を奪えずに勝点を失う試合が増えた。

 昨年と同じことをしていてはタイトルを獲得できない。さらなる攻撃の手段を増やし、攻撃的なサッカーで相手に打ち勝つ。そのために4-3-3に舵を切り、磐田からアダイウトン、鹿島からレアンドロとシステムにマッチする選手を獲得している。

 このシステムを完成させるのは、マリノスを見ても分かるように容易でない。安定した守備をどう構築するのか。また、選手が阿吽の呼吸で動けるレベルにならなければ流動的に動いて効果的なプレーを生み出し、相手を崩していくことができない。その呼吸を整えるのにはそれなりの時間を要するのだ。

 その一方で、勝つためにこのシステムを導入しているわけで、そのためにも結果が求められる。FC東京は4-4-2という確立したシステムを保持しており、立ち戻れる場所があるが、果たして結果とシステムの完成という二兎を追って優勝争いができるかどうか。

 丹羽大輝は「苦しい時もあるだろうが貫いて、新しいスタイルを完成させたい」と意欲的だ。それだけの戦力は揃っている。我慢が求められるシーズンになるが、4-3-3を確立して優勝できれば、FC東京の「黄金時代」がやってくる可能性もあるのではないだろうか。

 春の沖縄キャンプは、新しいことに挑戦する意欲と決意がチームから感じられる。大胆なシステム変更を進めている浦和とFC東京、そして戦術的な上積みを見せているガンバ大阪は、今シーズン、どんな戦いを見せてくれるだろうか。
 
取材・文●佐藤 俊(スポーツライター)

【浦和新体制PHOTO】本拠地埼スタで入団会見!ピッチでユニフォーム姿も披露!

【沖縄キャンプPHOTO】ガンバ大阪|沖縄SVとのトレーニングマッチを実施!4発快勝で連携も上々!

【G大阪 遠藤保仁PHOTO】抜群の安定感で試合をコントロール!在籍20年目を迎える遠藤の厳選ショット!

【沖縄キャンプPHOTO】長崎1-0FC東京|開幕に向け激しくぶつかり合う!

【室屋成PHOTO】積極果敢な攻撃参加でアクセントに!ベストイレブンに輝いた昨季から更なる飛躍へ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ