• トップ
  • ニュース一覧
  • “リアル”南葛SCは2020年をどう戦う?「全選手との面談」「サポーターとの交流」からGMが導き出した来季の方針

“リアル”南葛SCは2020年をどう戦う?「全選手との面談」「サポーターとの交流」からGMが導き出した来季の方針

カテゴリ:特集

伊藤 亮

2020年01月03日

「選手は十分揃っていると考えていますし、今の陣容で文句を言うのはおかしいと感じているので」

熱心な南葛SCのサポーターたち。岩本GMはチームを温かい目で見守ってくれていると語る。写真:田中研治

画像を見る

 全選手との面談、そしてファン・サポーターとの交流。こうした触れ合いから判断材料を洗い出し、決断した2020年シーズンの形。切り替える部分と切り替えない部分とでいえば、岩本GMによるもうひとつの決断は「2019年シーズンの選手をベースに戦う」ということだ。

「先日行なったセレクションでもいい選手がいましたし、補強も動いてはいますが、昨年、一昨年のような、いわゆる大型補強は予定していないです。正直、選手は十分揃っていると考えていますし、今の陣容で文句を言うのはおかしいと感じているので。ただ、練習参加は求めています。週4回ある練習のうち、最低3回は来てほしいと。この条件を満たせない選手は、転職ができないのであれば選手登録できないという話をしています。週1、2回しか練習に来られない選手が試合に出ると、出ていない選手から不満が出るし、コンディションも整えづらいですから」

「やっていくなかで身につけていくこと」としながら、GMとして心がけていることがある。

「一喜一憂しない。やるべきことを、淡々と、正しいと思うことを積み重ねていく。仮説と検証の連続で、正しいと思うことを積み上げていくことで最終的には目標に辿り着くと考えているので。小手先よりも正しいことを繰り返していく。勝敗はいくら確率を積み上げても相手があることなので絶対はありません。でも我々はJリーグに上がったらおしまいというクラブでもありませんから」

 目の前の小さなことから改善をひとつずつ行いながら、はるか先の大きな成果を見据える。どちらかではなく、その両方を見極める目がGMには必要だ。(文中敬称略)

※第3回に続く。次回は1月10日(金)に公開予定です。

取材・文●伊藤 亮
【関連記事】
2020年シーズンへ動き出した“リアル”南葛SC――GMが明かす新監督誕生までの舞台裏
元鹿島・青木剛が感じた社会人リーグの現実「南葛SCではサッカーを続けられていることに対する感謝が大きかった」
南葛SC新監督に名古屋U-18コーチの島岡健太氏が就任!「小学生の頃、口ぐせのように…」
リアル“南葛SC”、成長と勝利の同時追求を掲げた2019年シーズンの軌跡を振り返る
南葛SCの歩みを知る“熱きFW”が語る!「間違いなく近い将来Jリーグに入るクラブだと思います」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ