攻撃的に志向を転換!? マンUで“失敗した”モウリーニョはトッテナム監督就任で何が変わったのか?

カテゴリ:ワールド

内藤秀明

2019年12月03日

一時的な変化である可能性もあるが…

モウリーニョの左に座っているのが、新たな参謀となったサクラメントだ。この頭脳派コーチの存在は、小さくない影響をもたらしそうだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 もちろん今のモウリーニョが見せている変化は、シーズン途中での就任であり、時間がないために自身の哲学を植え付けられなかっただけかもしれないし、モチベーションを高めるために攻撃的に振る舞っていることも考えられる。

 ただ、前述したように、モウリーニョ自身もこれまでのやり方を反省し、改善しようとしているのは、紛れもない事実である。

 そうした意図を汲み取る意味でも、アシスタントコーチがキャリアではじめて変わった点は興味深い。これまで約17年間も苦楽をともにし、「モウリーニョの頭脳」とまで言われたルイ・ファリアではなく、リールでアシスタントコーチを務めていたポルトガルの新進気鋭の指導者であるジョアン・サクラメントを強引に引き抜いたのである。

 現在30歳のサクラメントは、モウリーニョが標榜する「戦術的ピリオダイゼーション」の心棒者であり、指導者育成に定評のあるウェールズの大学出身で、モナコでレオナルド・ジャルディムとクラウディオ・ラニエリの下、分析官を務めていた切れ者だ。間違いなくモウリーニョに対して新しいアイデアを供給しているはずである。

 失点数が多いのはやや気掛かりではあるが、これまでと異なる振る舞いを見せているモウリーニョにトッテナムが、どのように色づけされていくのか。その改革の行方から目が離せない。

文●内藤秀明(プレミアパブ)
text by Hideaki NAITO

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ