「人生で最高の瞬間」「ゴールは見れてない…」トッテナムを救ったボールボーイが逆転勝利を呼び込んだシーンを回想!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月29日

モウリーニョも絶賛した働き

ケインが同点ゴールを決めた直後にモウリーニョから握手を求められたボールボーイ。この少年への賛辞が相次いでいる。 (C) Getty Images

画像を見る

 機転の利いた球出しからスパーズの逆転劇を呼び込んだボールボーイへの賛辞が止まらない。

 現地時間11月26日、チャンピオンズ・リーグのグループステージ第5節で、トッテナム・ホットスパーはオリンピアコスに2点を先行されながらも、後半に怒涛の4点ゴール。4-2と逆転勝利を掴み、決勝トーナメント進出を決めた。

 敗れれば、グループステージ突破が最終節まで持ち越しになるこの一戦で、トッテナムに逆転への機運をもたらしたのは、一人のボールボーイだった。

 1-2で迎えた50分、ボールが敵陣右のタッチラインを割った際に、ボールボーイが素早くスローワーのセルジュ・オーリエにパス。これでクイックリスタート成功したトッテナムは、一気にオリンピアコスの右サイドを攻め崩し、最後はエースのハリー・ケインが同点弾をねじ込んだのだ。

 このゴールでさらに行け行けムードとなり、結果的に逆転に成功したとトッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督は試合後、「素早くボールを戻すのは、非常に優れたボールボーイでなければならない。彼は試合を理解しており、読んでいたんだ。一緒に祝うためにロッカールームに招待したかった。」とこの少年を祝福するコメントを残していた。

 さらにファンやメディアからも賛辞が相次いだことで、トッテナムはチームを救った“ヒーロー”であるカラム・ハインズ君にインタビューを敢行。わずか15歳の少年は、「僕は自分の仕事をしただけで、正直言って実感がないんだ。何が起こったのか自分でも信じられなかった」と、その時のことを振り返った。

「実はゴールの瞬間も見ていなかったんだ。外に転がってきたボールを拾いにいくため、ひたすら走っていたからね。それですぐ後にスタンドから大歓声がしたから『何があったんだ?』と思って振り向くと、ケイン選手がゴールを決めていたんだ。

 スタジアムのビジョンに映されたリプレイを見て、すぐに何があったのかを察したよ。その後にジョゼはあんなことをする必要なかったのに、僕のところに来てくれて、褒めてくれた。本当にいい人だった。人生最高の瞬間さ。一生忘れないよ」

 熱狂的なスパーズ・ファンでもあるハインズ君。だが、実生活ではごくごくありふれた学生に過ぎない。試合終了後にすぐさま帰宅してしまったのは、翌日に数学のテストがあり、その勉強のためだったことも明かしている。

「あの次の日にはテストがあった。だからすぐに帰ったんだ。家に帰る途中、車の中で照明を照らして数学の課題をやっていたよ」

 ボールボーイとしての仕事を全うし、思わぬ形でスポットライトを浴びたハインズ君。その活躍ぶりは、トッテナム・サポーターの記憶に刻まれたことだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ