攻撃的に志向を転換!? マンUで“失敗した”モウリーニョはトッテナム監督就任で何が変わったのか?

カテゴリ:ワールド

内藤秀明

2019年12月03日

オーリエに攻撃的な役割を担わせる

モウリーニョの就任で目の色を変えてプレーしているトッテナムの選手たち。とりわけオーリエ(中央手前)は、本来のアグレッシブさを取り戻した感がある。 (C) Getty Images

画像を見る

 大幅に変わった点はSBの役割だ。

 これまでのモウリーニョといえば、SBに自由を与えることは少なく、守備のルールを順守させたうえで、可能な範囲で攻撃参加を求めることが多かった。しかし、トッテナムでは、守備面での凡ミスが多いものの、高い身体能力と技術をあわせもつ右SBのセルジュ・オーリエに攻撃面での自由を与えたのだ。

 攻守のバランスを取るために左SBの攻め上がりを禁じ、ほぼ3枚で最終ラインを守る状態となっている一方で、ボックス内に飛び込んでいくほどの果敢な攻め上がりを見せるコートジボワール代表SBは1ゴール・2アシストと目に見える結果を残している。

 攻撃的なのはSBだけではない。2列目の選手たちも裏に抜け出す意識が植え付けられており、中盤や最終ラインの選手が良い形で前を向くと、迷わずに全速力で敵陣へと走り出す前線4枚の姿が随所で見られる。

 何より驚きなのは、ここまでの攻撃的な変化が就任1試合目のウェストハム戦から見られた点だ。そうしたオーガナイズからは、モウリーニョが、守備の整備からではなく、攻撃の形からチーム作りをしていることが垣間見える。

 こうした変化は、ユナイテッドを率いていた約1年前に、自軍のビルドアップを捨て、マルアン・フェライニをアンカーに配置して、当時プレミアリーグの最下位に沈んでいたバーンリーの特徴を消しにいった監督と同じとは思えない劇的なものである。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ