「怪物級だ!」「本当に、本当に、本当に良い」モウリーニョ、自身就任から絶好調のデリ・アリをべた褒め!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月01日

「君はアリの兄弟か?」という檄がもたらした効果

モウリーニョ(左)就任後は調子が上向いているデリ・アリ。そのパフォーマンスには指揮官も舌を巻いた。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間11月30日に行なわれたプレミアリーグ第14節で、トッテナム・ホットスパーはボーンマスにホームで3-2と勝利した。ジョゼ・モウリーニョ監督が就任から公式戦では3連勝だ。

 勝利の立役者となったのがデリ・アリだ。21分にソン・フンミンのアシストから先制点を奪取すると50分にも、後方からのロングボールに反応して追加点を挙げた。その後さらに1点を加えたチームは、2点を返されたものの、暫定で5位に浮上している。

 マン・オブ・ザ・マッチの活躍を見せたアリについて、モウリーニョ監督は先日、就任時に「君はアリの兄弟か?」と聞いたエピソードを明かしている。本来の力を見せてみろという檄だ。

 それに応えるかたちで見事なパフォーマンスを披露したアリに、モウリーニョ監督は賛辞を惜しまなかった。英公共放送『BBC』によると、指揮官は、「彼は自分がハッピーでいられ、やりやすいと感じるポジションでプレーしている」と述べている。

「我々は、彼が以前から持つクリエイティビティーを発揮するためのスペースを与えているんだ。わたしが来てからの3試合で、アリは怪物級のゲームをやってのけたと思う」

 さらに、モウリーニョ監督は「デリは中盤の選手ではなく、ハリー・ケインの近くで今のようにプレーすべき選手だと思う。これが彼のベストポジションじゃないかな」とつけ加えた。

「監督にとっては最高だよ。わたしが彼のことを話さなくても、君らメディアやファンが正しい理由で彼のことを称賛してくれるのだからね。今の彼は本当に、本当に、本当に良いプレーをしている。彼にこれ以上を求めることはできなかった」

 新指揮官が絶賛するアリは、このままトッテナム浮上のキーマンとして活躍を続けられるのか。トッテナムは次節、敵地でモウリーニョが指揮していた“古巣”マンチェスター・ユナイテッドと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ