【J1採点&寸評】名古屋1-2清水|劇的決勝弾の西澤がMOM!低調な名古屋は4人が「5」

カテゴリ:Jリーグ

今井雄一朗

2019年06月23日

清水――マイナス評価の選手はゼロ

【警告】名古屋=なし 清水=二見(3分)、R・アウグスト(47分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】西澤健太(清水)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
清水 6.5
90分を通して相手を自分たちの土俵で戦わせ、ピンチには身体を張って対応。先制し一時は追いつかれたが、そこでメンタルを落とすことなく勝ち越した流れは見事のひと言。
 
【清水|採点・寸評】
GK
1 西部洋平 6

1失点は仕方ない形だった。それ以外ではそれほどセーブの機会はなかったが、冷静なクロス対応で最終ラインに安定感をもたらした。足下のボールさばきもセーフティにまとめた。
 
DF
18
 エウシーニョ 6.5
マテウスというパワーのあるアタッカーを封じ込める老獪なディフェンスと機を見極めたオーバラップでチームを下支え。先制点の起点となるスルーパスは技巧に満ちた素晴らしいもの。

3 ファン・ソッコ 6 
安定感のあるラインコントロールと対人守備、最前線の隙を狙ったフィードでも貢献し、チームディフェンスを引き締め続けた。

26 二見宏志 6.5
ジョーとのマッチアップに果敢に挑み、空中戦でも引けを取らない力強さ。危機察知能力も高く、ファン・ソッコとの補完性も抜群に名古屋の攻撃陣から自由を奪った。
 
25 松原 后 6
右がディフェンシブなぶんだけ攻め上がりの機会もやや多め。サイドでの守備も無難に消化し、地味な仕事に従事した。後半開始早々の決定機が決めたかったが。
 
MF
22
 ヘナト・アウグスト 6.5
フィジカルの強さを前面に押し出し中盤で存在感。空中戦でも馬力を見せ、相手の縦の展開に蓋をした。後半途中からはアンカーとしてさらに特徴を押し出してプレー。
 
6 竹内 涼 6.574OUT
R・アウグストとの攻守のバランスも良く、攻撃に転じればゴール前で機転を利かせたチャンスメイクを見せた。先制直後の決定機を決めておけばもっと楽な戦いだったが、彼の運動量を思えばそれでも貢献度は高かった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ