「世界的なスキャンダルだ!」「ウルグアイを手助けした」物議を醸した日本戦のVAR判定にチリ・メディアが嘆き!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月22日

チリのレジェンドは「ジョークか何かか!」と笑い飛ばす

植田と接触してエリア内に倒れ込むカバーニ。そのプレーがウルグアイに流れを呼び込んだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間6月20日に開催されたコパ・アメリカのグループB第2戦、ウルグアイと日本の試合は、2-2のドロー決着となった。

 この一戦は、日本がウルグアイ優位と見る戦前の下馬評を覆す善戦を見せ、試合後には各国メディアから「今大会で最高のゲーム」と絶賛された。そんな好ゲームで起きた“あるプレー”が物議を醸している。

 日本が三好康児のゴールで1点をリードした31分のことだった。エリア内でシュートモーションに入ったエディンソン・カバーニとブロックに入った植田直通が交錯。これがVAR判定の末にPKとなり、ルイス・スアレスが同点弾を決めたのである。

 さらに47分にドリブル突破から敵エリア内に侵入した中島翔哉がジオバニ・ゴンサレスに足をかけられたように見えたシーンでは、アンドレス・ロハス主審がファウルの判定を下さなかったばかりか、際どい交錯だったにもかかわらずVARを使用しなかったことが問題視されている。

 一連のジャッジに疑問を投げかける南米サッカー界のレジェンドがいる。元チリ代表の点取り屋イバン・サモラーノだ。

 かつて「ヘリコプター」の愛称で親しまれ、インテルなどで活躍したストライカーは、試合中に自身のツイッターを更新し、「ウルグアイのPK判定! VARはジョークか何かか!」と泣き笑いを浮かべる顔の絵文字付きで判定を皮肉ったのだ。

 このレジェンドのツイートを拾ったチリのサッカー専門サイト『Red Gol』は、「サモラーノがからかったようにVARは正義の要素よりもウルグアイを助けたようにしかみえなかった。間違いなくあの判定は世界的なスキャンダルだ」と、最終的なジャッジを下したロハス主審の判定を批判した。

 VARはサッカー界で広まってきてはいるものの、どの場面で使用するのか明確な基準や運用方法が確立されているとは言い難い状況にある。今回のコパ・アメリカでも、そのジャッジが勝敗を分けるゲームがあるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ