2019年Jリーグの主役はどのクラブ?ベストな「編成」をしたのは川崎と清水だ

カテゴリ:Jリーグ

清水英斗

2019年02月22日

川崎と清水は積み上げと補強のバランスが良く、安定感がある

 より太鼓判を押しやすいのは清水だろう。即戦力のエウシーニョ、ヴァンデルソンを獲得し、ディフェンスラインの補強は的確に行なわれた。昨季からの積み上げと、補強のバランスが良い。堅守とショートカウンターで、上位に食い込むのではないか。
 
 それ以外でサプライズがあるとすれば、鳥栖。今季はポゼッションとサイド攻撃を強化しており、新加入のイサック・クエンカが力を発揮すれば、クロスからのフィニッシャーは、フェルナンド・トーレスをはじめ、過多なほど揃う。遅攻を整理できれば、守備のバランスを保ちつつ得点力アップが可能になり、上位躍進もあり得る。楽しみだ。

 全体的に傾向を見ると、鹿島、磐田、FC東京、G大阪など、動きが少なかった継続性重視のクラブと、浦和、神戸、名古屋など、積極補強を行なったクラブの差が大きい。どちらも違う意味での不安要素があり、監督次第で大きく変わりそうだ。
 
 その点で言えば、川崎と清水は積み上げと補強のバランスが良く、安定感がある。ベストな編成を行なったのは、この2クラブではないだろうか。
 
文●清水英斗(サッカーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ