「ユベントス内紛」の舞台裏…敏腕経営者は直属の部下に裏切られた

カテゴリ:メガクラブ

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2019年02月13日

マロッタはインテルで同じ事態にも…。

ユベントスを追われたマロッタ(左)はスティーブン・チャン会長(右)らに自らを売り込み、インテルに新天地を求めた。(C)Getty Images

画像を見る

 ユーベを追い出されたマロッタが、次の仕事場として選んだのはインテルだった。これはインテルがマロッタに声をかけたというよりは、かねてから「インテルにはクラブを代表する顔となるようなトップディレクターが欠けている」と考えていたマロッタが、自らを売り込んだ結果だ。

 当初、オーナーである蘇寧グループはあまり前向きではなかったが、「インテルのようなビッグクラブにはそういう存在が必要だ」というマロッタの主張を受け入れ、18年12月、スポーツ部門CEOとして契約に踏み切っている。
 
 とはいえインテルでも、ユーベで起きたのと同じ事態が起こらないとは限らない。強化部門にはピエロ・アウジリオSDが、マネジメント部門にはジョバンニ・ガルディーニが、それぞれの責任者として存在している。

 マロッタはこの2人を統括するCEOという立場になるわけで、3人がどのような関係で実際の仕事を進めることになるのか、それが上手く機能するのかは、今後の注目点だ。

文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ(スカイ・イタリア)
翻訳:片野道郎
※ワールドサッカーダイジェスト2019年2月7日号より転載

【著者プロフィール】
Gianluca DI MARZIO(ジャンルカ・ディ・マルツィオ)/1974年3月28日、ナポリ近郊の町に生まれる。パドバ大学在学中の94年に地元のTV局でキャリアをスタートし、2004年から『スカイ・イタリア』に所属する。元プロ監督で現コメンテーターの父ジャンニを通して得た人脈を活かして幅広いネットワークを築き、「移籍マーケットの専門記者」という独自のフィールドを開拓。この分野ではイタリアの第一人者で、2013年1月にジョゼップ・グアルディオラのバイエルン入りをスクープしてからは、他の欧州諸国でも注目を集めている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ