「日本こそが最強!」「なんという一体感だ」英国誌記者が森保ジャパンのアジア杯制覇に太鼓判!

カテゴリ:日本代表

マイケル・プラストウ

2019年01月25日

「森保ジャパンの真の覚醒を促す一戦になる」

準決勝で日本の前に立ちはだかるのが、中国を3-0で圧倒したイラン(白)だ。事実上の決勝戦とも。(C)Getty Images

画像を見る

 チームとしての熟度が足りていないとしても、日本代表をひとつの「個の集合体」と見るなら、ベスト4進出になんら驚きはない。その歩みが5戦連続の1点差勝ちであったとしてもだ。

 次の準決勝の相手は強豪イランであり、そこを勝ち抜けば決勝で対峙するのは韓国か、オーストラリアか。なんにせよ、ここからはガチンコの殴り合いだ。引いた相手を攻めあぐねるような試合とはならず、純粋なタレント力とベンチワークが大一番の明暗を分けるだろう。

 となれば、大迫の怪我が癒え、武藤嘉紀が出場停止明けで、切り札となり得る乾貴士のコンディションが上がっているのは心強く、ここにきて塩谷司、伊東純也ら良質な攻守のオプションを手に入れたのも大きい。苦しい試合を重ねながら、森保ジャパンはますます魅力的なチームに進化しているのだ。

 
 気になるのは疲労の蓄積で、ウズベキスタン戦を除けば、ほぼ同じメンバーで先発を構成してきた。こうした状況でも効力を発揮するのが、個々の経験値。体力的に、精神的に厳しい局面でいかに互いをフォローし合えるか。日本の選手たちにはそれができる。だからこそ優勝候補の一角を担っているわけで、選手たちには、過去最多4度の優勝を誇るアジアの巨人としての自負もあるだろう。吉田や槙野智章、長友、大迫らが堂安、南野、冨安らを手厚くバックアップし、若手の経験値をも釣り上げているのがよく分かる。なんという総合力、なんという一体感か!

 イラン戦は最大の難関かもしれない。換言すればここまでの試合は、優勝するための準備期間だったのだ。アジアの枠を超えたロシア・ワールドカップ出場国同士の、途轍もなくハイレベルな攻防戦が繰り広げられるだろう。森保ジャパンの真の覚醒を促す一戦になると、期待せずにはいられない。総合的に見て、日本こそがアジア最強だというわたしの見立てに変更はない。

 頑張れ、ニッポン!!

<了>

著者プロフィール
マイケル・プラストウ/1959年、英国のサセックス州出身。80年に初来日。91年に英国の老舗サッカー専門誌『ワールドサッカー』の日本担当となり、現在に至る。日本代表やJリーグのみならず、アジアカップやACLも精力的に取材し、アジアを幅広くカバー。常に第一線で活躍してきた名物記者だ。ケンブリッジ大学卒。
【関連記事】
【セルジオ越後】今の日本には"貫禄"がない。主力の疲労も含めて、イラン戦への不安は募るばかりだ
「韓国に優勝してほしい」「PKの判定は妥当」ベトナム代表の智将は最後まで“正直者”だった|アジア杯
「韓国が負けたような気分」「格下ベトナムに日本は屈辱」韓国メディアはベトナムの健闘を称賛!VAR判定にも注目
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!
【ベトナム戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、釜本邦茂、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ