「韓国に優勝してほしい」「PKの判定は妥当」ベトナム代表の智将は最後まで“正直者”だった|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月25日

「がっかりした。ミラクルを期待していたからね(笑)」

日本戦後の記者会見で、笑みを浮かべるパク・ハンソ監督。どこまでも憎めない人物だ。(C)AFC

画像を見る

 ベトナム代表の快進撃は、ベスト8で終焉を迎えた。

 1月24日に行なわれたアジアカップ準々決勝で、東南アジア王者は5度目の優勝を狙う日本代表に挑んだ。序盤から分厚いポゼッションに晒されながらも粘り強い守備で対応し、23分にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によって吉田麻也のゴールが取り消されるなど、幸運にも恵まれる。攻めては10番のグエン・コン・フォンを急先鋒に鋭い速攻を何度か仕掛け、あわやという場面も創出した。

 ただ後半は総合力の差が如実に表われ、56分、今度はVARによってPKを献上。これをファウルを誘った堂安律に決められ、ついに均衡を崩される。種版は怒涛の反攻に打って出るもビッグチャンスを掴むには至らず、0-1で苦杯を舐めたのだ。

 昨年のU-23アジア選手権で準優勝を飾り、夏にはアジア大会でベスト4進出。年末の東南アジア王者決定戦──スズキカップを見事に制し、飛ぶ鳥を落とす勢いで今大会に臨んだ。そんな若き“ゴールデン・ドラゴンズ(金色の竜=チームの愛称)”を率いるのは、2017年秋から指揮を執る韓国人指揮官、パク・ハンソ。60歳の戦術家は緻密な対戦相手のスカウティングと七変化するシステムを駆使しながら、ベトナム・サッカーを一変させ、選手たちにはプロイズムを浸透させた。歯に衣着せぬ言動と明るい性格で、いまやベトナムでは国民的英雄だ。母国・韓国でも指導者として再評価され、メディアやファンの間で注目の的となっている。

 
 指揮官は日本戦後の記者会見で、穏やかにこう語りかけた。

「我々の準々決勝進出は、実にドラマチックな出来事だった。スズキカップのあと、この大会への準備期間はあまりなかったが、そんな状況下でも選手たちはよく頑張ってくれたと思う。今日日本に敗れはしたが、本当によくやってくれた。そのことについてはとても満足している。正直言うと、ミラクルを期待していたんだがね(笑)。そうはならなかったので、まあがっかりはした。タイムアップの瞬間に笑みを浮かべたのは、いろんな感情が入り乱れていたからさ。どこに優勝してほしい? それはもちろん、わたしの母国・韓国だよ」

 2度のVARについては、どう感じているのか。

「まあそこは技術的な問題なので……。今後は改善されると思う。グループリーグからVARが導入されていれば、レフェリーの判定ももっと良くなっていたとは思う。ただ、今日のPKの判定は正しかったよ。VARシステムはこれからどんどん進化していくのだろうね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ