【セルジオ越後】今の日本には"貫禄"がない。主力の疲労も含めて、イラン戦への不安は募るばかりだ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月25日

試合が終わった後の日本の選手は、疲れ切っているように見えた

日本はPKによる1点で辛くも準々決勝を突破。ベトナム相手に力の差を見せられなかった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 アジアカップの準々決勝で、日本はベトナムを1-0で下してベスト4進出を決めた。結果がすべてのノックアウトラウンドで勝ったのは評価できるけど、試合内容は褒められたものではなかったね。
 
 ベトナムが成長しているとはいえ、FIFAランキングも含めて日本のほうが力は上。それでも、試合内容はほぼ互角だった。日本はチャンスを作っていたけど、なかなか点が取れなかったし、ピンチもそれなりにあったよね。前半から相手の10番グエン・クォン・フォンのドリブルに手を焼いていたし、吉田がコントロールミスして相手に決定機を与える場面もあった。権田のファインセーブに助けられたけど、ああいうミスは本来なら命取りになりかねない。
 
 攻撃で効果的な崩しを見せられなかったのも気がかりだ。バリエーションが不足していて、ゴールはVARで得たPKの1点だけだった。不発に終わった南野はゴールを量産していた去年のイメージはないし、途中交代も増えている。北川も代表では結果を出せていない。ちょっと動いて何かしようとしているのは堂安くらい。その堂安もサウジ戦では何もできなかったし、今大会はチームとして貫禄を見せる試合がほとんどないよね。

 それには、選手交代が上手く機能していないのも関係していると思う。途中出場の切り札が、流れを変えられていないんだ。個々のコンディションも含めて選手層の不安を感じるよね。乾はロシア・ワールドカップの時のようなプレーは見せられていないし、最後に塩谷を守備固めで入れたり、選手交代もワンパターン。もう少し良いパフォーマンスをできないと優勝までの道のりは苦しいよ。
 
 ベトナム戦は選手を休ませて勝つくらいの余裕があるかなと思ったら、日本はベストメンバーを起用し、最後は大迫も投入している。選手たちは後半にかなり足に来ているようにも見えたよ。ベトナムは決勝トーナメント1回戦で、PK戦まで戦ったチーム。相手のほうが疲労度は高かったはずだ。後半は相手がペースダウンしたのもあるけど、試合終盤に近づいていくと、また日本は押し込まれている。試合が終わった後の日本の選手は、疲れ切っているように見えたよ。準決勝は28日とすぐに来るから、どうしても体力的な不安は拭い去れない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ