【現役の眼】橋本英郎がヴェルディ若手3人衆と厳選した「2018年・J2ベストイレブン」!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月20日

古橋と小野瀬で迷ったが多数決で…

J2制覇を果たした松本山雅からはセルジーニョをチョイス。躍進の原動力となった。写真:徳原隆元

画像を見る

 MFゾーンに入ります。

 まずアンカーにはレノファ山口の三幸秀稔選手。新生レノファを支え続けた選手だと思っていますし、長短織り交ぜたパスが一級品です。なかなかあれだけ強気なプレー選択ができる選手はいません。ロングパスの精度が特に高く、ヴェルディ戦でも彼のロングパスによるお膳立てからゴールを決められました。

 インサイドハーフにはふたりの外国籍選手をチョイスしています。横浜FCのレアンドロ・ドミンゲス選手と、松本山雅のセルジーニョ選手です。

 レドミ選手は柏レイソル時代にシーズンMVPを獲っただけあって、横浜FCの最後の追い上げに多大な貢献を果たしました。彼がいなかったら自動昇格を争うところまで順位を上げられなかったのではないかと思います。守備でのプラス面は少なかったですが、フリーキック、スルーパス、シュートと攻撃に関してはすべてに絡む奮闘ぶりでした。プレーオフは欠場となってしまいましたが、彼が短い時間でも出場していたらヴェルディにとっては脅威だったでしょう。

 セルジーニョ選手は松本をJ2優勝に引き上げた原動力。その安定したパフォーマンスで攻撃陣をリードし続けました。セットプレーが大きな得点源だった松本の攻撃に豊富なレパートリーを加え、FW高崎寛之選手の良さを引き出し、また引き出される関係性でチームの攻撃を担っていました。

 最後に3トップです。右から大宮アルディージャのマテウス選手、真ん中は山口のオナイウ阿道選手、そして左は、FC岐阜の古橋亨梧選手です。

 マテウス選手は、半端ないスピードと力強いドリブル。このふたつだけでも年間を通じて十分なインパクトを残しましたが、それだけでなく今季は、守備面での貢献度にも目を見張るものがありました。低い位置からでももの凄いスピードでドリブル突破を仕掛け、ヴェルディ戦では単独打開からそのままゴールも決めています。試合を決定付ける活躍もするなど、大宮のプレーオフ進出の鍵を握った存在。彼の“個”の力は大きかったと思います。

 オナイウ選手は、山口のサッカーを象徴するプレーヤーでした。前線からのプレス、豊富なゴールパターン。クロスに合わせる、こぼれ球を拾う、あるいは裏を取ってとバリエーション豊かで、周囲と効果的に絡みながら得点を重ねました。

 苦しい展開にあっても彼の得点で何度もチームが息を吹き返し、貴重な同点ゴールや逆転ゴールを決めていましたね。大宮の大前元紀選手もたくさんゴールを挙げていましたが、山口の躍進はオナイウ選手抜きには語れないと思い、今回は彼をナンバーワンCFに選出しました。

 古橋選手については、同じシーズンにJ1クラブへ移籍した小野瀬康介選手(山口→G大阪)とで非常に迷いましたが、多数決で決めさせていただきました。古橋選手がいなくなった途端、岐阜はなかなか勝ち星を拾えなくなりました。それだけ勝ちに直結する大きな仕事をし続けていたということでしょう。最終的な得点ランキングを見ても、半年しか出場していないのにも関わらず、上位のゾーンにいました(11得点で12位タイ)。非凡なスピードと気の利いた上下動を見せ、ヴィッセル神戸に活躍の場を移したあとも実力をいかんなく発揮していました。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ