【現役の眼】橋本英郎がヴェルディ若手3人衆と厳選した「2018年・J2ベストイレブン」!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月20日

井上、渡辺、藤本のトリオの意見も最大限に

橋本とヴェルディ3人衆が選出した「2018年 J2ベストイレブン」。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2018年のJリーグ・アウォーズも終わり、ガンバ大阪ユースの後輩である家長昭博選手がMVPを受賞しましたね! 彼のプロ初ゴールの際にはピッチ横で見届け、抱き合って祝福しました。またひとつ自慢できるネタができて嬉しいです。

 J1連覇を果たした川崎フロンターレから3年連続でMVPが出たとなると、もはや黄金期に突入したのかなと思ってしまいます。一方で鹿島アントラーズもアジア・チャンピオンズリーグを獲って、クラブワールドカップで奮闘しています。ライバルチームと切磋琢磨しながら強くなっていく。すごく良い循環ですね。

 で、話は変わって……1年前に引き続き、今年もやりました、J2ベストイレブン!

 先日、広島県を訪れ、豪雨被害に遭われた地域でのチャリティーサッカー教室に参加させてもらいました。その際、V・ファーレン長崎のGK増田卓也選手から、昨年のベストイレブンに選ばれたことが非常に嬉しかったと何度も言っていただきました。

 選手たちもけっこう興味を持って見てるんだなと実感したので、少し責任を感じますね。と言いつつ、好きなことを書きますが。

 今回は少し、アプローチを変えてみました。

 それは東京オリンピックに選出されるであろう東京ヴェルディの若手MFトリオ、井上潮音、渡辺皓太、藤本寛也と意見交換するなかで選出。彼らの意見を最大限に取り込みながら、これだと思う選手を選ばせていただきました。個人、個人の“体感”が元になっています(ただ、誰が誰を推していたのかは伏せさせていただきます)。

 フォーメーションは意外と悩みました。3-4-3か4-3-3かで迷いましたが、今回は後者に決定。理由は中盤より前の選出メンバーに合ったフォーメーションが4-3-3だったからです。その点を考慮して読んでいただけたら嬉しいです。

 まずはGKから。J1昇格チームから選出しました。大分トリニータの 高木駿選手です。ヴェルディの上福元直人選手も考えましたが、やはり昇格したという点を加味して高木選手を選びました。去年はその両選手が同じチームで切磋琢磨していたのだから、大分のキーパーの選手層は凄いですよね。高木選手は後方からのビルドアップ、安定したパフォーマンスを見せてくれました。サイズはそこまで大きくありませんが素晴らしい反応でバシバシ止めるシーンを披露して、GKの醍醐味を観客に伝えてくれました。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ