【天皇杯決勝 採点&寸評】浦和1-0仙台|堅実な試合運びで12年ぶりの戴冠!決勝点の宇賀神以上に輝いたのは?

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2018年12月10日

仙台――シュミットは失点場面以外はほぼパーフェクト

【警告】浦和=長澤(89分) 仙台=板倉(34分)、平岡(89分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】阿部勇樹(浦和)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
仙台 
5.5
前半から丁寧に崩そうと試み、相手のギャップを突こうとしたが、細かいミスを頻発して脅威を与えきれず。後半の選手交代後は決定機も作ったが、最後の局面で精度を欠いた。

【仙台|採点・寸評】 
GK
1 シュミット・ダニエル 6
決勝点になった宇賀神のミドルは相手を褒めるべき。失点の場面以外はほぼパーフェクトな出来だった。

DF
6 板倉 滉 6
前半に警告を受けてしまったが、それで守備で後手に回ることはなかった。後半は積極的に攻撃に絡み、試合終盤のパワープレーで前線へ入ったが、ゴールは奪えず。

13 平岡康裕 6.5
守備はいつも通り安定。攻撃時に4バックの右SBのようなポジションを取ったこともあって、攻撃参加の回数が増加し、クロスから決定機を演出する場面もあった。
 
27 大岩一貴 6
相手のカウンター攻撃に身体を張って応戦しただけでなく、前線への正確なパスでチャンスに絡み、攻守でチームを引っ張った。

MF
7 奥埜博亮 5.5
巧みなボール奪取から攻撃につなげて、自らも積極的にシュートを狙うなど攻守に奮闘。ただ、退場したリーグ最終節の神戸戦同様、相手に食いつきすぎて背後を取られる場面もあった。

23 中野嘉大 6
前半は背後のスペースを突かれるも、試合に慣れると相手陣内で果敢に仕掛けてチャンスを拡大した。

29 古林将太 5.5(67分OUT
ゴールラインを割りそうなボールに追いつきクロスを上げるなどファイトする姿勢を見せた。いくつか決定機に絡んだが、パスの精度が足りなかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ