高木体制が幕を下ろした長崎、名実ともに「ジャパネット主導」でリスタートへ

カテゴリ:Jリーグ

藤原裕久

2018年12月02日

「高木長崎」というひとつの時代が終わり、クラブは次のステップへ

残留は果たせなかったとはいえ、長崎をJ1へ導いた高木監督の功績は大きい。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 指揮を執った6シーズンでJ1参入プレーオフ2回出場、J1自動昇格1回という結果を残した高木監督の後を引き継ぐ以上、新指揮官にかかる重圧は相当なものとなるだろう。例え1年でJ1に復帰しても、次はJ1残留ができれなければ上積みとは見られないのだから。
 
 そして高木監督の契約満了に伴い、選手の補強やチームのスタイルも変化していくに違いない。それはプロ不毛の地であった長崎で「高木長崎」しか知らないサポーターからは、違和感を持って受け取られるかもしれない。それでも、「高木長崎」というひとつの時代が終わり、クラブが次のステップへ進むことはもう決まったのだ。
 
 ジャパネット体制前から続いていたチームが終わり、来季から名実ともにジャパネットが主導する形でリスタートする。それが成功するのか、失敗するのかは誰にもわからないが、チャレンジを止めないこと、チャレンジをした結果をトップが背負う覚悟だけは忘れないでもらいたい。そのうえで来季からの新たな戦いに挑んでいくことを、今は願うばかりである。
 
取材・文●藤原裕久(サッカーライター)
【関連記事】
Jリーグにやって来る次なる大物助っ人は誰だ!? 要注目の「移籍金ゼロ円」選手たちを一挙掲載!
「恐ろしい。本当に恐ろしい…」3試合連続の4ゴール目をゲットした本田圭佑に豪紙はもはや戦々恐々?
神戸加入のビジャ、特筆すべきは「対応力の高さ」。FW受難と言われたスペイン代表のパスサッカーにも完璧にフィット
ファンも嫉妬!? 韓国女子代表イ・ミナがポドルスキとの試合後2ショットを投稿!!
【J1採点&寸評】長崎4-4清水|ホーム最終戦で壮絶な撃ち合い!! MOMは二桁到達&同点弾の鈴木武蔵だ!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ